キッチン・マン Vol.1

キッチン・マン:料理をインスタ投稿する女が気付かない、男子がチェックする意外なポイント

モテる男は料理ができる?

近頃、「料理に目覚める男子」が増えてきている。

外資系IT企業で働く大智(だいち)は、食事はもっぱら外食かUber Eatsのズボラ男子。

だが、遠距離片思い中のスミレの気を引きたくて料理を始める。

ステキ料理男子ができあがるまでの料理と恋のストーリー。


-2019年の5月末

「スミレです。今は転勤で山形に住んでいますが、時々出張で東京にも来てます。よろしくお願いします」

食事会で彼女が自己紹介をした時、笑った時に見える白い歯が印象的な、爽やかな子だと思った。

2人は共通の趣味であるキャンプの話で盛り上がり、帰り際に連絡先を交換した。



大智(だいち)は外資系IT企業に転職して2年目だ。前職の日系IT企業時代よりも給料が上がり、仕事の裁量も大きくなりそれなりに充実した日々を送っている。

食事会から3週間後の土曜日の昼下がり。大智はリビングのソファーで寝転びながら、LINEの画面とにらめっこしていた。スミレは新聞記者で、仕事時間が変則的だから返信のタイミングもまちまちだ。

ーLINEだけのやり取りだと話題がなくなってきたな…。

お手洗いに行こうと立ち上がると、床に脱ぎ散らかした服や靴下が目に入る。

ーそろそろ洗濯するか。あぁ、家事ってめんどくさいな。

社会人になってから一人暮らしを始めて早6年。「代々木公園の近くに住んでる」と言うと丁寧な暮らしをしてそうとよく言われるが、実際はズボラな生活を送っている。

せっかく買ったルンバは床に物を置きっぱなしにするせいで、部屋の片隅で置物になっている。

一時ミニマリストに憧れて、何もない部屋を目指し片付けに没頭していたが、気がつけば元通りになっていた。

半年前まで付き合っていた彼女とは、このズボラさに愛想をつかされ別れることになったようなものだ。

【キッチン・マン】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo