森脇慶子の「旬カレンダー」 Vol.11

ピアットスズキ

ピアットスズキ

春を告げ、体を目覚めさせるふきのとうのヴィヴィッドな風味

ふきのとうのリゾット¥1,890。2月から3月中旬までの季節メニュー。上に乗っているのは、ふきのうとうのガクのフリット

春とは名ばかりの浅春の頃、雪間にそっと顔を覗かせるふきのとうのけなげな姿は、遠からぬ春の訪れを思わせ、寒さの中にもホッとした温もりが伝わってくる。キク科の多年草で、ふきの蕾であるふきのとうは、春の訪れを告げる日本原産の山野草。だが、黄緑色の瑞々しい見た目とは裏腹に、苦味は鮮烈。冬の長い眠りから、今、まさに覚めんとする春の息吹のような味にはまた、新陳代謝を促進する働きもあるそうだ。

「ふきのとうの魅力はまさにこの苦味にあるといえますね」。力強く語るのは、鈴木弥平シェフ。独特の風味を立ち上らせ、淡い萌もえ葱ぎ色をして登場するご覧のリゾットは、そんなふきのとうのほろ苦さを存分に生かした『ピアットスズキ』の早春のスペシャリテだ。

低温のオリーブ油でゆっくりと、コンフィの如く炒め煮にしたふきのうとうのペーストは、十分乳化されることで苦味がややまろやかに仕上げられている。この苦味に拮抗すべく用いたのは、熟成感がありつつもストレートな塩味のアンチョビ。ひと口、口にした時の凄烈な苦さから、穏やかに拡がっていく仄ほのかな苦味の余韻が愛おしい。

●もりわきけいこ
美味の食べ歩きに日々邁進し、綿密な取材と豊富な経験に基づく記事で定評のあるフードライター。真の旬を伝えるべく、その時期とっておきの美味にありつける名店を紹介


東カレアプリダウンロードはこちら >

【森脇慶子の「旬カレンダー」】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ