男子校男子 Vol.3

東大卒・IT経営者の29歳男が、女から受けた恐ろしい仕打ち

多くのエリートを輩出している名門男子校。

思春期を"男だらけ"の環境で過ごしてきた彼らは、女を見る目がないとも言われている。

高校時代の恋愛経験が、大人になってからも影響するのか、しないのか…。

▶前回:「狙い目は、地方出身のお金持ち!?」玉の輿に乗りたい整形美女の戦略


<今週の男子校男子>
名前:圭介(29)
学歴:麻布中学・高等学校→東京大学工学部
職業:金融系スタートアップ企業COO(副代表)
住所:広尾
彼女:外資系化粧品会社マーケター(29)


僕は六本木の中華『黒猫夜』で彼女の橙子を待っている。

バッグに潜ませた、婚約指輪の箱に目を落とす。知り合ってから約10年、そして長い友達期間を経て、今日で付き合って5年。

結婚することが幸せだとも、結婚は人生1度だけ、とも思わない。

ただ人生経験として、最初に結婚するなら橙子しかいない。そして、彼女も僕と同じように考えているはずだ。



僕の母校は”麻布高等学校”だ。

広尾の豊かな緑と坂に囲まれた高校は、明文化された校則はない。個性的な教師陣に、自由闊達な校風で有名だ。

高校時代ヒップホップにハマっていた僕は、ドレッドヘアにストリートファッションで恵比寿や六本木を闊歩していた。

と言っても派手な共学の連中より、麻布生とつるむ方が好きだった。同級生とは広尾の町中華『来々軒』や六本木の通称ロボット公園で夜遅くまで話し込んだり、学校の事務所裏で一緒に授業をサボった。

遊んでいるように見えて、「実は勉強できる俺」がカッコいいと思っていた。結局勉強に身が入らなくて、クラスの3分の2と同じように一浪して東大に進学したけど。

大学生になった僕は、テクノやハウスにドハマリしてDJ活動を始め、夜な夜な渋谷のクラブに出入りした。

卒業後は戦略コンサルティングファームに就職したが、2年も経たないうちに辞めた。

型にはまった堅苦しい同期といることが息苦しかった。それ以上にコンサルの仕事が、僕にとっては退屈極まりなかったからだ。

市場調査やプレゼン資料の作成なんかに、僕の貴重な20代の時間を費やす気はなかった。

今は大学の同級生が立ち上げた金融系スタートアップ企業の副代表として、上場に向けて日々奮闘している。

【男子校男子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo