男子校男子 Vol.2

「地方出身のお金持ちを狙え!?」玉の輿を企む整形美女の手口

多くのエリートを輩出している名門男子校。

卒業生と聞いてあなたはどんなイメージを持つだろうか。

実は、思春期を"男だらけ"の環境で過ごしてきた彼らは、女を見る目がないとも言われている。

高校時代の恋愛経験が、大人になってからも影響するのか、しないのか…。

▶前回:「えっ、あの子が…?」“清楚系女子”に恋した早稲高卒男が陥る罠


<今週の男子校男子>

名前:薫(27)
学歴:海陽学園(中学・高校)→Central Saint Martins(ロンドン芸術大学)
職業:学生
住所:ロンドン・南青山
彼女:モデル(28)

あれは、1年前の夏のことだった。

相模湾と一体になったインフィニティプールは夏の照りつける日差しを浴びて、まばゆく光り輝いている。

「何度来てもここは日本って感じしないね」

「親父がエーゲ海の風景を切り取るって意気込んで作ったんだ」

ミナはサンローランのサングラスを掛けなおすと、ワイングラスに口をつける。

自称モデルの彼女とは帰国の度に会う程度の関係だ。

僕は付き合っているつもりはないし、友達との場にやたら顔を出したがるところがうざったくもあった。



僕が卒業した高校は“海陽学園”だ。

愛知県に日本の名だたる有名企業が出資して設立した全寮制の学校で、寮費を含めた学費は日本一高いと噂されている。

実際同級生は、地方のオーナー企業や大企業役員、士族や教授の息子が多い。

厳しい規律に勉強に部活。同級生とは毎日起きてから寝るまでずっと顔を突き合わせてきた。

卒業式で男性シンガーソングライターの有名な曲を全員で歌ったときは、普段絶対に泣かない僕も自然と涙が頬をつたったことを覚えている。

高校を卒業し、それぞれの進路を歩んでも結束力は変わらなかった。

卒業後、僕は親のお金でアメリカやカナダを数年間語学留学と称してふらふらして、今はロンドンでアートマネジメントを勉強している。

今後の予定は未定。ただ1つ言えることは親の会社に入るつもりはないってことだけだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo