東京で確実に美味い寿司はここだ! Vol.23

豪快な炭火炙りトロが絶品なんだ!西麻布の裏路地にスゴ腕の寿司店を発見!


鮨好きから熱い視線を注がれる人気店が、西麻布の『鮨十(すしとう)』だ。

名物「大トロの炭火直炙り」は、食感も温度も初めての感覚で、一度食べたらくせになる!

その美味しさをじっくりとご紹介しよう。

大将・瓜生氏が腕を振るう

今行くべき西麻布きっての注目店がここにある!

西麻布交差点のほど近く、裏路地を進み辿り付くのが今回の目的地『鮨十』。鮨の激戦区・西麻布のなかでも、グルメな大人たちからの熱視線が注がれる注目の場所だ。

コースの随所にちりばめられたサプライズに訪れた人は必ず虜になってしまう『鮨十』の魅力をコースの内容と共にお伝えしていこう。

「真鯛 桜の葉締め」

客席の和やかな雰囲気に緊張もほぐれていく…

凜とした佇まいにすっと背筋が伸びるが、そんな緊張感を大将の温かな出迎えと、店内の和やかな雰囲気がほぐしてくれる。

この日オーダーしたのはつまみ6品、握り10貫を楽しめる「鮨十コース」(1人前18,000円)。

最初の一杯と共に、旬の魚介を使用した小鉢を楽しんでいると、登場するのが「真鯛 桜の葉〆」だ。

岩塩プレートにすだちを搾って召し上がれ

旬の刺身を味わえば春の訪れを実感できる

真鯛がのる淡いピンクの台は、岩塩プレート。ここにすだちを搾り、爽やかな酸味とほのかな塩味をプラスしつつ召し上がれ。

ほんのり桜の香りを纏った真鯛は、春の訪れを感じさせてくれるだろう。

大将から手渡しで供される

穴子を串焼きで供する『鮨十』ならではの逸品

続いて旬の貝の刺身を味わった後、すっと大将が手渡しで供してくれるのが「穴子の串焼き」。

「寿司屋で串焼き⁉」と驚かされる一品だが、常連の間では『鮨十』を訪れたら必ず食べたい名物のひとつなのだ。

「穴子の串焼き」

小骨を感じやすい穴子だが、同店で使用するのは100gサイズの脂ののった穴子のみ。皮を取り、炭火で醤油を付けつつ焼き上げたら仕上げに山椒で香りをプラス。

口に運べばホクホクとした身の柔らかさと、穴子の旨みが口いっぱいに広がっていく。

自然な甘みを感じられる新玉葱ソースで味わう「鰆」や、噛むほどに旨みが溢れ出す「子持ちヤリイカの煮付け」など、全6品のつまみで楽しませてくれる。

「鰆 新玉葱のソース」

「子持ちヤリイカの煮付け」

握りの前にはスープが供される。この日は「スッポンスープ」

握りの前にはスープでお腹を温めて

握りに入る前には必ずスープが提供されるのも、嬉しい心遣い。しっかりお腹を温めながら、握りへの期待を高めていきたい。

時期によって内容は変化するが、この日は「スッポンスープ」。

贅沢にスッポン丸ごとから出汁をとり昆布出汁と合わせたスープは、ほっと心まで温めてくれる。

【東京で確実に美味い寿司はここだ!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo