東京で確実に美味い寿司はここだ! Vol.20

銀座の隠れ家寿司から、徒歩0分でバーへ移動できる!大人だけの秘密のルート!


階段を降りると入口にシックなバーがあり、奥には銀座らしい寿司のカウンターが広がるという、興味がそそられる隠れ家。

絶品寿司を味わった後、スムーズにバーへと移動できるデートに最適の隠れ家『銀座すし 松村』の魅力をお伝えしよう!

カウンター席の他、半個室も備える

銀座で遊ぶ大人たちが放っておかない
とっておきの隠れ家『銀座すし 松村』

数ある銀座の鮨処の中でも、遊びなれた大人たちの心をグッと掴んで離さないのが『銀座すし 松村』。

同店最大の特徴は、鮨店でありながらバーを併設しているところ。

コースを味わった後、バーでゆっくりお酒を楽しむ王道コースはもちろん、最初からバーで飲みながら鮨をつまむという楽しみ方もできてしまうのだから、銀座の大人たちが放っておくはずがない。

「北海道産毛蟹 土佐酢のジュレ」

酒のみの心を掴むつまみはどれも絶品

まずは『銀座すし 松村』で「おまかせコース」(1人前23,000円)を堪能したい。

腕を振るうのは西麻布『たかべ鮨』などで修業を積んだ大将・松村氏。18歳から鮨職人を目指し、技術を磨いてきた彼が作り出す握りやつまみは、どれも記憶に残る美味しさだ。

「すっぽんの茶碗蒸し」

コースはつまみからスタート。先付けとして「季節の八寸」、旬の白身の刺身など、10品ほどが供される。

土佐酢の酸味が爽やかな「北海道産毛蟹 土佐酢のジュレ」や、すっぽんの出汁が効いた「すっぽんの茶碗蒸し」など、お酒の進む品々が続々と供されるこの時間が、酒飲みの心を虜にするのだ。

「あん肝最中」、「蛸」、「アワビ」

また「つまみをもう少し食べたい」というリクエストにも快く答えてくれる。

最中であん肝と奈良漬け、キャビアをサンドして味わう大将考案の一品や、柔らかく煮込まれた蛸やアワビなど、その人の好みに合わせたつまみを用意してくれるのだ。

「筋子巻」

一貫目は名物「筋子巻」!インパクト抜群のコース構成

お待ちかねの握り一貫目に登場するのは、同店名物の「筋子巻」。握りの一貫目から巻物というインパクト抜群の構成は、強く記憶に刻まれる。

北海道から仕入れる筋子は、通常よりも粒が小さく塩味は控えめ。

プチッと弾けるしっかりとした食感と共に、筋子ならではの旨みを楽しめ、同時にお腹もしっかり満たしてくれる。

「うにご飯」

うにの旨みを堪能できる名物「うにご飯」が続く!

たたみかけるように供されるのが「うにご飯」。こちらも同店を訪れる人のお目当てとなっている一品である。

うにを混ぜ込んだシャリの上に、北海道産バフンウニをたっぷりとのせ、サッと柚子の香りを纏わせた一皿は、魚卵好きならずとも堪らない贅沢な味わいである。

【東京で確実に美味い寿司はここだ!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo