「代々木上原でちょっと飲まない?」いま友達と集まるのにちょうどいい街の酒場5選

代々木上原というグルメな街の中でもひときわ有名な名酒場だ

気の利いたつまみに合わせて日本酒を愉しむ夜は『青』

この街を代表する名酒場と言えば、間違いなく『青』になる。

夜な夜な、美味を知り尽くした大人が通う名店だ。午前2時までと、遅い時間まで営業しているのも魅力のひとつ。

1軒目として、たっぷりと料理を味わうのもいいし、2軒目として訪れ、じっくり杯を傾けるのもいいだろう。

味だけでなく価格も魅力の「うに・いくら丼」

数ある逸品の中でも人気なのが、美しく、味も絶品の「うに・いくら丼」。

丼いっぱいに敷き詰められたうには、北海道や北方四島から届けられたもの。その上から、醤油と酒に漬け込んだいくらが、贅沢に盛りつけられる。

うにの下に敷かれたキュウリがさっぱりとしたアクセントとなり、食べ進めるほどに幸福を感じられる、魅惑の一品だ。

日本酒が進む「くんせいタラコと新じゃが・花わさびのポテトサラダ」

メニューは旬に合わせて毎月変化する。この日運ばれてきたのは「くんせいタラコと新じゃが・花わさびのポテトサラダ」。

口にした瞬間、華やかな香りが鼻へと駆け抜けていく。花わさびの香りが、いもの甘みを上品に引き立て、燻製されたタラコの切り身が、心地良い一体感を演出してくれる。

フレッシュな日本酒とのマリアージュも最高だ。

日本酒との相性が抜群な「わらびと馬刺の味噌たたきユッケ風」

続いては「わらびと馬刺の味噌たたきユッケ風」。滋味深いワラビと馬刺を味噌で和え、たたきにしたものを、海苔に乗せていただく。

黄味を割った瞬間の溢れるような多幸感は、それだけで食欲をそそられる。控えめに香る味噌は、ワラビと馬刺のうま味をグッと際立たせる。

しっかりとした日本酒をあわせて、ちびちびとつまみながら楽しみたいところ。

右から「鷹来屋 純米・純米吟醸(大分)」、「日髙見 超辛口純米(宮城)」、「長陽福娘 純米吟醸(山口)」

豊富に揃ったお酒にも注目。特に日本酒は、大将をはじめスタッフ全員が試飲し、選び抜かれたものばかり。

大将との会話を楽しみながら、その日の気分に合ったものを探すのも楽しい。

月が替わるごとに、その時期の旬のつまみを味わいに足を運びたくなる店だ。

内観

ツウっぽい日本酒と今っぽい料理で魅了『アトリエフジタ』

大人のデートには「ちょっとした意外性」が効いてくるもの。

コンクリの壁、むき出しのダクト、高いスツール…。『アトリエフジタ』 では、北欧風のお洒落な空間で、日本酒を楽しむことができるのだ。

フレンチ出身の藤田善平氏は、岡山県倉敷の出身。彼は故郷の地の材料を直送してもらい、瀬戸内海の魚料理を主軸に創作和食でゲストを魅了する。

「食材をいかに面白く出すか?」と語る言葉のように、刺身も藤田氏の手にかかればまるでアートのようなひと皿になってしまう。

左.龍勢 備前雄町 生酛純米 中.遠野のどぶろく 生酛 右.遠野のどぶろく スタンダード

胡麻や味噌、醤油などを使った、和と洋のテイストが共存する料理に合う日本酒は、骨格がしっかりした山廃や生酛のほか、まるでヨーグルトのようなにごりのタイプ。

広島の藤井酒造が醸す「龍勢」は、全量純米。生酛特有の酸が料理と相性抜群で、温めても◎。

岩手県の「民宿とおの」による2本のどぶろくは、ぜひ飲み比べを。

マナガツオ、タイ、コチにアレンジを加えた「刺身盛り合わせ」1,944円 。菜の花のソースがインパクト抜群。金柑などフルーツを使うことで、日本酒と合うようになるのだとか

白味噌やアサリの風味を存分に感じる「鯛と豆乳と焦がしたキャベツ」。(4,860円と5,400円のコースの中の一品)

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo