オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.95

初デートでお泊まりしても、何もしてこなかった男。それって、女を本命視している証なの?

私たちはこれまでに散々、LINEデートのHow toを学んできた。

しかし、やっとの思いでLINEやデートに漕ぎ着けても、失敗の可能性は常につきまとうのだ。

あんなに盛り上がったはずなのに、突然の既読スルーに予期せぬ別れ。 恋人同士になれたかと思ったのに、いつまでたっても一進一退を繰り返す関係性。そんな経験、無いだろうか?

男女の関係を次に繋げる方法を学ぶため、あなたに宿題を出していこう。

さて、今週の宿題は?


「ねぇねぇ、来週の土曜は何してる?映画でも行かない?」

日曜の朝。私は潤の部屋で、彼が脱ぎ捨てた洋服を畳みながら、来週の予定を確認してみる。

「来週土曜かぁ…ちょっと予定が分かんないなぁ。ごめん」

カーテンの隙間から差し込む朝陽に照らされ、潤の猫っ毛で細い髪は、さらにふわっとして見える。男性なのにずるいくらい肌が綺麗で、鎖骨のラインが美しい。

ぼーっとベッドの上で頭を掻いている潤に、私は畳み掛けた。

「じゃあ、次はいつ会える?今週金曜日とかは?」
「金曜は、会社の飲み会が入っていたような気がする」

いつも潤とは予定が合わない。いや、合わないのではなく、予定が見えないことが多くて計画が立てられないのだ。

こうして一緒に朝を迎えるほどの仲なのに、彼から本当に大切にされているのかどうか、不安は募るばかり。

冷たい水で顔を洗い終えると、私は洗面台の鏡に向かって小さくため息をついた。

「一体、彼は何を考えているのかな・・・」

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo