生うにパスタも絶品!本っ気で美味いイタリアンは神楽坂の隠れ家にあった!


デートに誘った彼女から「イタリアンが食べたい」とリクエストがあったなら、神楽坂の裏路地に佇む一軒家イタリアンレストラン『ラ・タルタルギーナ』を訪れてみて。

この人、本気でイタリアンに詳しいのねと必ずや喜ばれるにちがいない。

美味しい料理の数々と共に、素敵な時間を過ごせるはずだ!

「本日の前菜盛り合わせ」(1人前1,300円)

神楽坂の裏路地に佇む一軒家レストランで
本場イタリアの味を堪能

神楽坂駅から徒歩4分。閑静な住宅街に佇む『ラ・タルタルギーナ』は、イタリア・プーリアで修業を積んだ濱崎泰輔シェフが営むトラットリア。

シェフがイタリアで学んだ料理への考え方や提供方法などを活かし創り出す料理は、どれもシンプルながらも奥深く、素材の美味しさが引き出された品ばかり。

最初の一品に最適!ワインの進む味わいだ

力強い個性を放つ前菜盛り合わせはワインのお供に最適

まずワインと共に味わいたいのは「本日の前菜盛り合わせ」。

この日は無添加のブッラータチーズや、千葉県君津市の小糸川流域で育てられた小糸在来という大豆、北寄貝のマリネ、ワカサギとさつま芋のフリット、サラミなどを用意いただいた。

6種ほどの日替わりの前菜が盛り込まれた一皿は、一品毎にワインを変えて味わいたいと思うほど、どれも力強い個性を放つ。

「マルゲリータ エクストラ」(1,400円)

ナポリ人直伝レシピで作り上げる軽やかなピッツァが絶品

続いてはピッツァの中から「マルゲリータ エクストラ」をオーダー。

トマトソースをベースにするマルゲリータだが、“エクストラ”ではモッツァレラがベース。上にフレッシュなチェリートマト、バジルをのせたピッツァだ。

注目すべきは生地の軽やかさ。長時間発酵させる事の多いピッツァ生地だが、同店では発酵時間を短く設定。

濱崎シェフがイタリア・プーリア州のリストランテ・ピッツェリーアで出会ったナポリのピッツァ職人から学んだレシピを忠実に守り作られているのだ。

「生ウニのバーリ風 スパゲッティ」(2,300円)

豊富に揃うパスタを求め何度も訪れたくなる

『ラ・タルタルギーナ』では、豊富な種類のパスタを楽しめるのも魅力。

人気は「生ウニのバーリ風 スパゲッティ」。

茹で上げたスパゲッティにうにとトマトソース少しを混ぜたソースを絡ませ、仕上げにサッとオイルをかけて供される一皿は、うにのフレッシュで濃厚な味わいを楽しめる。

スワン型のホイルが登場すれば客席には歓声が上がる

またスワン型のホイルに包まれテーブルへと運ばれてくるパフォーマンスの楽しい「自家製パッパルデッレ 海の幸のナポリ風カルトッチョ」もおすすめ。

魚介の旨みを存分に堪能できる

アルミを開けた瞬間、ふわりと魚介のいい香りに食欲をそそられずにはいられない。

自家製パッパルデッレと、アサリ、ムール貝、海老などがたっぷり入り、シンプルながらも素材の美味しさが活かされた一品だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo