出世欲☆ガール Vol.8

「出世するのは、失恋したての女」キャリアアップしていく、26歳女の私生活とは

“仕事”は、給与をもらうための手段。

そう割り切って仕事をしている人も多いのではないだろうか。

倉田梨沙もそのうちの1人。ごくごく普通のOLで出世欲もなかった。

しかし、出世欲に目覚めた平凡な女の子でもキャリア女子になれるのか?

◆これまでのあらすじ

2年前の梨沙は、“仕事ヤル気ゼロ”の他力本願なOLだったが、今や、出世欲に燃え、営業に明け暮れる日々を送っている。前回は、万全な準備のおかげで評価面談をうまく乗り切ることが出来た。一方、恋人の加藤からは“元カノと会っていた”と突然の告白をされ、梨沙は…


恋人・加藤からの「元カノと会っていた」という突然の告白に動揺し、梨沙はしばらくその場で動けずにいた。

スマホを握ったまま、路地の隅に立ち尽くす梨沙には目もくれず、カップルたちが目の前を通り過ぎていく。

「ごめん。情けないけど、自分を頼ってくれる子と一緒にいたいんだ。梨沙は......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
加藤みたいな器の小さい男は捨ててよろしい。
2020/02/13 05:2199+返信6件
No Name
加藤ここにきて気持ち悪いな、頼ってくれる女の子が好きって...
まあこうやってやる気ない若手女子と付き合ってはバリキャリに仕上げてはリリースを繰り返し、日本経済に貢献している妖精なのかもしれない。
2020/02/13 05:4099+返信15件
No Name
なんかな...この話のオチはまだ分からないけど、「自立した女はモテない」プロパガンダはやめてほしいな。そういうの信じた女性たちが下方思考になると男女格差が無くならない。
私は海外赴任も経験した所謂バリキャリですが、28歳で婚活始めたとき普通にモテましたよ、東カレで名前あがる職業の同年代の男性と沢山デートしてそのうち一人と結婚しました。
アラサー女性が年収600万のバツなし男性なんて高望み、とかメデ
ィアで言われてますが別世界のことのようだった。私がバリキャリでなく一般職事務OLや派遣だったらこうは行かなかったと思う。
この主人公もこんな20年前のトレンディドラマみたいなこと言う男のことは忘れ、すぐ素敵な人に会えることを願います。
2020/02/13 05:2699+返信10件
No Name
どうでもいいですが、内部打ち合わせのための資料をPPTで作成することに稼働とられるのってほんとバカらしいですよね。早くなくなってほしい風習。
まあ印刷しないで投影でokなだけこの会社はマシか...
2020/02/13 05:5228返信7件
No Name
確かに頼って欲しいって男の人多いけど、
それって自分の自尊心を満足させてくれる人が好きなだけで
気付かずに上から目線続けるか、成長したらこんな風に終わりってなる事多くて
カスみたいに小っさいな…って事に気づく事ある。
モラハラの原型でもあると思う。
2020/02/13 06:2221返信5件
もっと見る ( 117 件 )

【出世欲☆ガール】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo