そろそろ日本酒にちゃんと詳しくなりたいあなたへ!恵比寿で入りやすい人気酒場10選

生本まぐろ、時しらず、真子かれい、八角

スタイリッシュに日本酒デートを決めるなら『それがし 恵比寿店』

恵比寿で旨い魚が食べたくなったら思い浮かぶ店がこちら。

看板メニューは、独自のルートで仕入れる鮮魚。北は北海道から、南は鹿児島、長崎までその日の朝にとれた新鮮な魚を全国各地の漁港から直送する。

それを、刺身・焼き・煮物・棒寿司など、旬魚が一番旨い食べ方で楽しめる。

日替わりの棒寿司は〆におススメ「北海道 網走 炙りにしんの棒寿司」

〆には人気の「棒寿司」がおススメだ。

その他、日本酒を飲み進めてくれる惣菜や酒肴の品々は、「海老ねぎ豆腐」や「三代目ポテトサラダ」など本店の人気メニューも揃うラインナップ。

どれも料理人が手間を惜しまずに丁寧に仕込んでいる。

常時50種類以上、魚介によく合う日本酒ばかりを厳選して取り揃えている

日本酒は常時50銘柄以上を揃えている。

魚介と相性ピッタリの日本酒ばかりを厳選しているから、どんどん酒が進む!日本酒初心者というアナタは、オリジナルの日本酒ベースカクテルも試してみて欲しい。

日本酒デートと言うと渋いイメージがあるかもしれないが、恵比寿という街の魅力と、それがしのスタイリッシュに日本酒を楽しむ雰囲気に任せておけば何の心配も要らないだろう。

「お刺身盛り合わせ」。土佐醤油と煎り酒が用意され、合わせるお酒によって味を変えるのがおすすめ

割烹料理をハーフポーションで楽しめる一人飲みの聖地『和心庵のら』

恵比寿で長年愛される和食関西割烹店『和心庵のら』。店内に入り、客席を見渡すと、カウンターにはぽつり、ぽつりと一人でしっとり飲むお客の姿が目に入る。

気さくな店長・永島さんのとの会話を楽しみながら、好みの酒を選んだら、まずは「お刺身盛り合わせ」を注文。

料理長自ら築地で仕入れる旬の魚を使用した刺身は、生うになど6種を堪能できる一皿。

刺身盛り合わせは2人前からのお店が多いが、同店は1人前からオーダーできるのが、一人飲みタイムにはありがたい。

「玉子焼き」(ハーフサイズ300円)

刺身の後は、「玉子焼き」を注文。

こちらも一人のみでは頼みにくい料理の定番だか、丁度いいポーションで供してくれるのだから、通いたくさせてくれる。

かつお出汁、みりん、醤油、塩、砂糖で味付けされた玉子焼きは、口に入れるとふんわりと優しい甘みが広がっていく。

カウンター席の他、テーブルや個室も備える

料理すべてにこだわりの仕事を加え、供する『和心庵のら』。

永島さんが作り出す和やかな雰囲気からか、自然とお客同士の繋がりができ、帰る頃にはまるで自宅で飲んでいたかのような気分になってしまうのだから不思議だ。

同店を「自分だけの特別食堂」と呼ぶ人も多いという話も頷ける。

ふらっとこんな場所を訪れて、自分だけの特別な時間を楽しんでみてはいかがだろう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo