休日ジェットセッター【プランニング編】 Vol.8

滞在49時間でセブ島へ!寒い日本を飛び出して行きたい、女の弾丸ステイ・セブリゾートの魅力♡

【2日目】
1月26日、日曜日。6:00 眠い目をこすりながら、ホテル出発。日帰りで離島へ!(残り滞在時間33時間)


様々な美しいビーチを有する離島が点在しているフィリピン。それゆえに、セブ旅行の魅力の一つは、その離島を巡るアイランドホッピングができること。

“今回は週末弾丸旅行のため、他の島へは行けないかも…”なんて諦めるのはまだ早い。実は、セブ島から日帰りでも行ける離島があるのだ。

いくつかの島がある中でも、1日かけてぜひ訪れたい場所。それが、豊かな自然に恵まれた島「ボホール島」だ。

9:00 ボホール島のタグビララン港到着(残り滞在時間30時間)


セブシティポート(Pier)を7:00に出発し、高速フェリーで片道約2時間。ボホール島へ到着だ。

ちなみに、高速フェリーに乗る際にはパスポートの提示を求められるのでお忘れなく。そして揺れることもあるため、心配な人は酔い止めを持参することをお勧めする。

10:30 お姫様気分が味わえるリバークルーズ・ブランチ(残り滞在時間28時間30分)


ボホール島へ行ったら外せないのが、クルージングをしながら食事が楽しめる『ロボック・リバークルーズ』だ。

ビュッフェ形式で様々なフィリピンの伝統料理が楽しめるが、何といってもこのプランの目玉はロボック川のクルージング。東京では目にすることのできない雄大な自然と、眼下に広がる川からのマイナスイオンを身近にたっぷりと感じながら食べるブランチは、また格別なのだ。

船から見えるのは、思わず夢中でシャッターを切りたくなってしまうフォトジェニックな大自然。乗船後はすっかりリフレッシュした気分になれるだろう。


【Loboc Bohol Riverwatch Floating Restaurant】
住所:Loay Interior Road, Loboc, Bohol
電話番号:+63 38 537 9460
URL:https://lobocriverwatch.com
地図:Googleマップ
営業時間:10:30~15:30

12:30 ビーチクラブで大人の休日を過ごそう(残り滞在時間26時間30分)


ボホール島と言えばまるでチョコレートのように見えることからその名が名付けられた“チョコレートヒルズ”や、世界最小級の可愛い“メガネザル”なども有名だが、今回の旅の目的は、大人の休日。

ということで、ちょっと足を伸ばして「ボホールビーチクラブ」へ。明るい太陽の下、波の音を聞きながら、ビーチの目の前のカバナでマッサージを受けたい。まさに、大人のリラックスタイムだ。


マッサージが終わったら、綺麗な砂浜と、輝く海を心ゆくまで満喫したい。何もしなくても良い贅沢が、ここにはある。しっかりフル充電したら、車で約30分のタグビララン空港へ。


【BOHOL BEACH CULB】
住所:Bo. Bolod Island of Panglao, 6340 Bohol, Philippines
電話番号:+63 38 502 9222
URL:https://www.boholbeachclub.com.ph/index.html
地図:Googleマップ
※ビーチクラブの利用のみの場合(宿泊なしの場合)日本出発前に確認及び事前予約必須

16:00 次回は泊まることを決意しつつ…タグビララン港出発(残り滞在時間23時間)


18:00にセブシティポート(Pier)に到着したらそのまま、同じセブシティ側にあるレストランへ向かう。

【休日ジェットセッター【プランニング編】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo