特別なひと皿がある店 Vol.4

2020年の肉初めは、究極の赤身の揚げ焼きで贅沢に!これが美食家たちを虜にした極上の一皿だ!

本能を刺激する無性に食べたくなるひと皿というものがある。そんな名物を提供するお店はたいてい繁華街には無く、少し行きづらい場所にあるものだ。

2019年もノーマークだったエリア、住宅街の一角に、人知れずオープンしている。しかも、利便性の悪さを物ともせず、もうすでに話題なのだとか。

特別なひと皿を提供する店にわざわざ行くのも一興だ。

滋賀『サカエヤ』の岩手短角牛のサーロイン¥7,360/460g。うるみを湛えた表面にそのジューシィさが見て取れる。塊で焼くことで肉の香りや味わいを最大限に引き出している


サクッと肉を噛み切れば、濃厚な赤身の旨味が果てしなく押し寄せる
『ムーグルモン』

2019年は都心からやや離れた私鉄沿線に良店が続々とオープンしたが、肉好きの話題を総ナメにした店といえばなんといっても『ムーグルモン』だろう。

西永福というローカルな立地にありながら、オープン間もなくして予約困難な人気店に。

訪れた人が口を揃えて「わざわざでも詣でるべき」と言う理由は、この店が肉好きの心をとらえて離さない要素で溢れているからだ。

牛肉の脂を回しかけながら表面を焼き固めることで外側はカリッと香ばしく、口中で肉の強烈な旨みがスパークする焼き上がりに。焼きの技術もハイレベル!


まず注目すべきは、豪華すぎる肉のラインナップ。

全国の料理人が自分の店で扱いたいと切望する『サカエヤ』や北海道に拠点を置く『エレゾ』から仕入れる極上の赤身肉を食べ比べできるのだからこれほど贅沢なことはない。

肝心な焼きは六本木『祥瑞』、神楽坂『カルネヤ』で腕を磨いた中森隆司シェフが、牛脂を肉に回しかけながら究極の外カリッ、中ジュワ状態に仕上げる。


一度味わえば、確かにここを〝詣でない〞理由はないと実感するはずだ。

実力も話題性も抜群なこの一店。是非訪れてみていただきたい。

月刊誌最新号は「2019年、間違いなかった店」がテーマ!

最新号の購入方法はこちらでご紹介!

ネット購入なら、雑誌購読が一気に身近になる!
【ネットでのお求めは、AmazonもしくはFujisanで!】

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は12/21(土)から。



【東カレSUMMERプレゼントキャンペーン】

アンケートに答えて素敵な賞品をGETしよう!
アンケートはコチラから!

【特別なひと皿がある店】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo