• PR
  • 日本屈指の和牛を競り落とす! 銀座の歴史に新たに名を刻む、最高峰の肉割烹がオープンした

    肉好きでその名を知らない者はいないだろう。

    日本のみならず、世界中から客が訪れる名古屋の名店、『雪月花』。ファンが長年待ち望んでいたという東京出店がついに実現した。

    『肉屋 田中』が目指す、肉割烹の頂点とは?

    最高の牛だけが持つという「深い小豆色」を全面に纏った純但馬系の神戸牛。「いい牛というのは、どうやっても色っぽく見える」とは田中氏。


    〝銀座で最高峰の肉〞と高級食材の饗宴に酔う

    数寄屋橋交差点から30秒。11月下旬、新しいビルの竣工とともに話題となったのは、「日本最高峰の牛肉を出す店」がオープンしたこと。

    「正真正銘、その日の銀座で”ピン”の肉は、ここにあります」

    そう断言するのは、オーナーの田中覚氏。

    肉屋の三代目として、生まれたときから牛とともに生きてきた彼の和牛へのこだわりは、「牛は人生ですね」と話すことからもうかがえる。

    競りに立ち、自身の目で確かめた特産松阪牛、神戸牛を筆頭に”最高の牛“を競り落とす。

    そして丸ごと1頭を余すことなく、調理し客へと提供する。

    そして、鮑、白トリュフ、松前蟹など、「最高の牛にふさわしいのは、それに負けない食材」との信念のもと、その時季に揃う最高級食材とともに。


    メインは炭火焼きステーキ。火を通す、休ませるをじっくり繰り返す。

    柔らかさと歯応えが同居する不思議な食感、深く甘い脂が舌の上でスッと消え去る感覚など、まず他では味わえない初めての体験に驚くだろう。


    コースは和の懐石スタイルで進む。さりげなく神戸牛が使われた「八寸」、鮑のすり流しの「お碗」など、天然の旨味が凝縮された1品が続く。

    京都を中心に揃えたという美しい器の数々も目を楽しませてくれる。


    店内のデザインを手掛けたのは森田恭通氏。


    全4室の個室にはすべてに焼き手がつくカウンタースタイルというのも特徴だ。

    2人~4人用があり、デートからビジネス会食までシーンに応じて選びたい。

    コースは「おまかせ」¥35,000〜(サ別)のみだが、それでも「コスパが高い」と訪れる客に言わしめるのも、一度訪れれば納得するはず。

    唯一無二の肉体験は、必ずやここにある。

    【肉屋田中】
    URL:http://nikuyatanaka.jp/

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ
    Appstore logo Googleplay logo