準備はOK?東京三大花火が楽しめる絶景レストラン8選!

レインボーブリッジと花火の共演を優雅に堪能出来る。

『MANHATTAN』
目の前に広がる東京湾を一望するドラマチックなシート

【東京湾花火大会】

『ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ』にオープンした、東京三大ビューを臨む美景レストラン。

屋内のダイニングエリアからもレインボーブリッジなどの夜景を満喫することができるが、この時期のおすすめは、さわやかに吹き抜ける風が心地よいテラス席。まるで宝石のように煌めく東京タワーやマンハッタンを彷彿とさせる隅田川のリバービューを眺めながらシャンパンで乾杯すれば、ドラマティックな気分にひたれること間違いなしだ。

シェフ自慢の新鮮食材を使ったニューヨークグリル・フレンチをアラカルトでオーダーできるのも嬉しい。花火大会当日の予約はプラチナチケット化しており、競争率が高いが、頑張ってでもとる価値はあり。日が暮れると瞬きはじめるお台場の大観覧車と花火の共演は神秘的ですらある。非日常的な空間で高揚感を味わいたい。

スパイシーな仔羊背肉の備長炭 炭火焼¥8,197

ルーフトッププラン¥7,722に含まれる“ジュエリー プレート”(2名からオーダー可。90分のシャンパンフリーフロー付き)シャンパンと好相性

メインダイニングからは息をのむほど美しいパノラマビューが

『T'SUKI sur la mer』
壮大な“舞台演出”にとことん酔いしれて

【東京湾花火大会】

東京を代表する都会的な夜景のひとつといえば、宵闇に浮かび上がるように光り輝くレインボーブリッジ。視界をさえぎるものなく、その美しい光景を目の当たりにできるのが、竹芝の邸宅レストラン『ツキシュールラメール』だ。

夏の夜空に打ちあがる花火と夜景のコラボレーションが見事で、東京湾大華火祭の開催日に予約を取ることができたら、かなりの強運。当日、店を訪れる場合は、警視庁発行の“車両通行証”が必要となるため、特別感もひとしおだ。

シェフの趣向が凝らされたコース料理を堪能し終えたころ、夜空に“大輪の花”が咲く。花火大会終了後は、ピアノの生演奏でその余韻をたっぷりと。これだけの演出が揃えば、今まで体験したことのないドラマティックな時間が過ごせるはず。まずは急いで席の確保を!

前菜。旬の野菜をさまざまな調理法で

ヌガーグラッセ(写真は2014東京湾大華火祭の特別ディナーコース¥29,700より)。冷たいデザート。美しい盛りつけにも気分が上がる

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo