狂気的なカノジョ Vol.4

「もう東京に戻りたくない」同僚の彼と楽しむ、誘惑的な大阪出張の夜

―愛情か、それとも執着か?

幼い頃から、聖母マリアのような妻になりたいと願っていた、秋吉紗奈32歳。

しかし、彼女の運命の歯車は、航平からプロポーズを受け取ったときから狂いはじめる。

少しずつ蝕まれていく彼女の心。愛は時に凶器となり得る。

繰り返される心理戦、前代未聞の惨劇が今、はじまる。

♦これまでのあらすじ

会社の後輩・東航平(29)からプロポーズされ、幸せいっぱいの紗奈(32)。一方、以前から航平に想いを寄せていた今井美雪は、紗奈から婚約の事実を聞かされ、航平に対して動き始める。そしてついに美雪は、航平と一緒に大阪出張に行けることになった


その日の午後、紗奈は社内の打ち合わせがあり航平たちがいる上のフロアを訪れていた。打ち合わせ終了後、ついでに同期の志穂のデスクに向かった。

「志穂、ちょっといい?」

仕事中の志穂に声をかけると、彼女はパッと顔を上げた。いつもパンツスーツを着こなす彼女は、紗奈と違ってサッパリとした明るい性格をしている。

「あ、紗奈! お疲れさま」
「仕事中にごめんね、2次会の打ち合わせをする日を決めようと思って。今大丈夫?」

そう小声で切り出すと、志穂はニッコリと笑顔を見せて頷いた。

「うん、大丈夫。あ、でも、打ち合わせなら今井さんも一緒の方がいいよね」
「そうだね、もし美雪ちゃんも会社にいるなら予定を聞いちゃおうと思ったんだけど…」

紗奈はそう口にしながら美雪の席に目を向けたが、デスクに彼女の姿はなかった。予定表のあるホワイトボードに目を向けると、そこには「出張」という文字が書かれてある。

「今井さん、明日まで東君と大阪出張だから居ないんだよね」

志穂がさらっと口にしたセリフに、紗奈の体がピクリと反応した。

「え、美雪ちゃんも大阪出張なの?」

航平から出張に行くとは聞いていたが、美雪が同行する話は出ていなかった。ただ、大規模なイベントに出展してる企業と出資の商談が入っていると言っていただけだ。

―航平も、言ってくれても良さそうなのに…。

正直、2人のことが気になって仕方なかったが、どうしてこんなにも不安になるのか、自分でも理由がわからずにいた。

―まさか、何か起きるなんてないよね…。

【狂気的なカノジョ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo