偽装婚活 Vol.2

結婚願望のない男の心が、思わず揺らいだ・・・。チャラ男を激変させた“いい妻”の特徴とは

週末、六本木一丁目駅の出口まで圭介とともに僕を迎えにきた大毅は、学生時代のチャラチャラした雰囲気をすっかり捨て去っていた。

―これだから文系の人間は…。

僕はそっとぼやく。理系男子は学生時代の研究がずっとベースにあり切り離せないが、文系の人間は社会人になると学生時代とは異なる、別世界へ羽ばたく機会を得るのだ。

大毅はその機会を余すところなく活かし、天性のチャラ男から嫁と並びカメラに向かって微笑む男にシフトチェンジしたらしい。

―とんでもない鞍替えだ…!

文系男子のすべてを否定するつもりは毛頭ないが、大毅の変貌には唸らずにいられない。

「結婚することにしたんだ、俺。あんなチャランポランだったけどさ」

「…おめでとう」

世話される側からは卒業しましたと言うような口ぶり。急な大人感を出され、僕はなぜかもやっとする。


僕は大毅の高級マンションを、見慣れた景色だというような顔をしつつ、目の端でその全貌をしっかりと捉えるよう努めた。

「初めまして、妻の雅子です」

見上げると昭和の名女優・夏目雅子を彷彿させるハッキリとした顔立ちの美人が僕らを待っていた。(ちなみに僕の優作という名前は母が大ファンだったというこれまた昭和の名俳優・松田優作からとったらしい)

「すげぇ広いなー何平米あるんだよ」
「綺麗な奥さんだなぁ、大毅、なんだかんだやるときはやるよな」

僕も誉め言葉の一つ二つは言う気があったのだが圭介が代弁するので結局言う機会を逃した。

大毅の妻が入れた『マリアージュ フレール』の紅茶を口につけながら圭介主導のもと明らかにされる2人の馴れ初め。

要約すれば、2人は同期で、大毅が雅子に猛アタック。品のある彼女だが、体力勝負の世界で生き抜けるパワフルさを隠し持っているところにグッときたとかなんとか。

「チャラ男だと決めつけてたみんなの評価を華麗に覆したよな」

圭介の感想に大毅は謙遜もしなかった。

帰り際、送っていくと言った雅子がシューズボックスを開いたとき、あの赤いソールが僕の目に飛び込んできた。

そして僕はハッと思い出す。そうだ、あの名は…。

ルブタン!

この数時間、言葉少なに居続けた僕が、突如としてその名を口にしたことに驚いたのか、雅子が一瞬不思議そうな顔を見せた。

「それ、俺がプレゼントしたんだよ。雅子、ブランド物には興味ないのに、靴だけは別なんだ」

何ということだろう…。大毅は“強敵”と評価される女を倒したのだ。“やるときはやる男”と評価されるのは、それ故もあるかもしれない。どこをとっても“can't”にカテゴライズされない大毅をどこか眩しく感じてしまう。

「俺、昔、ほしいってせがまれたことあるけどな」

圭介がそう言って笑うと、雅子が困ったような顔で微笑んでいた。

3人に見送られ電車に乗ると、僕はまたあの広告と出会う。

東京に戻ってきてから、人々の結婚欲求を僕なりに分析した結果は以下だ。

“結婚する・しない”本人たちがいくらそう決断を下しても、周りからのカテゴライズは“結婚できる・できない”。できない、という枠は実に不快だ。皆そこから逃れたい。

―さっさとこの広告のターゲットから抜けてやらなくては…。

そして既婚者という人種になって結婚というワードを遠くから眺めるのだ。

ゴールは定まった。僕の成功法則に則るのならば…次にすべきことはそう、己の実力を把握することだろう。


▶Next:10月28日月曜更新予定
婚活市場に出ることを決めた優作。その主戦場でひしめく女たちとは。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
ルブタンのイメージに囚われすぎ。
強敵、倒したって🤣
2019/10/21 05:4999+返信3件
No Name
一生can'tが付いてくる、とか、解を探さなければ、とか、優作っぽい言葉選びが主人公の思考をよく表してる!
2019/10/21 07:1999+返信1件
No Name
婚活頑張って下さい、お手並み拝見したいです。
2019/10/21 05:4356
東大生
東京「の」大学、言ってた😂
よく取材してある。笑笑
2019/10/21 06:5853返信4件
No Name
「結婚しない」人が「結婚出来ない人」に世間から勝手にカテゴライズされてたら迷惑ですよね、
2019/10/21 08:0931
もっと見る ( 67 件 )

【偽装婚活】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo