デート、お食事会、本命ディナー…。アラサー美女に学ぶ平日の艶やかな過ごし方

  • 最旬グルメが集結するビルとして食通から注目を集めるモダンフォルム西麻布ビルⅢ。2Fに割烹『常』、3Fに薪焼きステーキの『FORNO』、4Fに『鮓 有無』が入る

  • 川上結衣さん(32歳)。大手IT企業勤務。浜松町在住で遊ぶ場所はたいがい港区。週に一度しかあげないインスタのフォロワーは2千人。水着写真の投稿もたまにあり。好きな食べものは鮨と肉

  • “楽しいムードのなかでよい出会いを”という想いが店名の由来で、まさにお食事会に最適!和食のテクニックを利かせた和牛創作料理は、ヘルシーさも意識されている

  • 手渡された時に重いと感じるほどウニがのった握り。「ウニ好きな女性が多いから」という親方のサービス心からその量が増えた。口内でウニと酢飯が崩れる瞬間がたまらない!

  • イタリアンのディナーはアラカルトのみ。ワゴンで運ばれてくる前菜やスイーツは、一皿¥400~700とお手頃価格。ギルトフリーのスイーツも用意

  • メインの肉料理は蝦夷鹿や天然猪などもラインナップ。写真は「北里八雲有機牛のドライエイジンググリル」¥3,500

  • 薄切りにしたステーキは、牛骨や鰹昆布によるお出汁でしゃぶしゃぶしてからいただく

  • コの字型のカウンターの中に板場と焼き場を設置した店内。髙橋氏は西麻布の人気店『鮨 海心』のオーナーでもあるが、現在はこちらの店舗に常駐する

  • 日本に10台ほどしかない蒸し釜の炭火で米を炊く。米の味が凝縮した艶やかな炊き上がりが特徴だ。酢飯は赤酢と白酢をネタにより使い分ける

  • 食感にコントラストを出し、かつ中落ちとキャビアの旨みを活かすため、あえて味が控えめなフカヒレを入れている。マグロの仕入れは「やま幸」

もどる
すすむ

1/27

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo