「Will you …?」シャンパンとともに告げたられた言葉。女が愛を受け入れたサプライズとは

大切な人に思いを伝える時。その片手にはシャンパンが相応しい。いつの時代も上質の象徴である「モエ・エ・シャンドン」なら間違いない。

心ときめくレストランで、泡の華やかな喉越しを愉しめば、男女の恋はきっと上手くいく。

前回まではシャンパンで高揚する美女とのお食事会初デートが成功する”カウンターでシャンパン”シャンパンが決め手となる3回目のデート

そして、リゾートで優雅にシャンパンデートを紹介した。

今回は、主人公”萌子”にとって、人生で忘れられない夜になる予感――

この物語の主人公:萌子(27歳)。青山のPR会社に勤める。社会人5年目を迎えて仕事にも慣れ、広告代理店の彼氏もできて、公私ともに充実した日々を送っている。今夜は彼に誘われ、フレンチレストランへ。いつもと違う彼の様子に「もしや?」の予感でときめく


完璧なプロポーズはシャンパンから始まる

いろんなシチュエーションでデートを重ね、理解を深めてきた今だからこそ、もうお互いに、わかっていると思う。

あとはタイミングの問題。

そんなある日、彼が真面目な顔で突然、誘ってきた。

「今度、フレンチレストランに行こう」

優雅な時間を楽しむディナーなら、これまでだって、何度も、ふたりで経験してきた。

けれど、今回は特別な夜なのだということを、おどけるように続けた彼の言葉が物語っていた。

「当日はちょっとだけ、ドレスアップしてきて」

キリリと冷えた「モエ アンペリアル」が夜を彩る。ボトル¥12,000(サ別)


彼が予約したレストランは、『ル・ファヴォリ』。「東京ガーデンテラス紀尾井町」にある隠れ家で、周辺は緑も多く、静かな雰囲気。

席はもちろん、個室。モダンだけど、どこかノスタルジックな空間で、初めてだけど、とても落ち着く。

彼の説明によると、シェフは「フランスが世界に誇る巨匠の右腕として活躍した人」とのこと。普段より、畏まった彼の話しぶりに、期待はどんどん膨らんでいく。

こんな夜はやっぱり「モエ アンペリアル」で乾杯。


いつもと同じフレッシュでエレガントな口当たりに、ふたりの表情も和らぐ。料理もさすがの美味しさ。

鴨の胸肉はしっとりと柔らかく、ジューシー。味わいもまろやかな「モエ アンペリアル」とよく合う。

料理が進むにつれ、会話も弾む。いつもと変わらない、気の置けない時間。

しかし、サプライズは、最後に訪れた。

テーブルに運ばれてきた、最後のひと皿は「メモリアルプレート」。胸の鼓動が早くなる。色とりどりの花々は、ゴージャスだけど、可憐。

きっと、彼が綿密に打ち合わせしてくれたのだろう。好きな花もちゃんとあって、本当に、美しい。

“Will you marry me?”

「シャラン鴨のロティ 生命の息吹」。世界最高峰の鴨を低温調理で仕上げ、十数種の野菜もそれぞれに適した調理法でベストな状態に。花をコンセプトにした盛り付けも美麗。「メモリアルプレート」。“Will you marry me?”の文字も入る。ふたりの新たな門出にふさわしい演出。ともにプロポーズコース¥25,000~(税サ込)


改めて、ふたりで乾杯する。幸福の瞬間にはいつも「モエ アンペリアル」があった。それは、今夜も同じ。

一生に一度しかない夜は、煌めくシャンパンの泡とともに深く記憶に刻まれる。

そう思うと、なぜだか、とても嬉しくなる。

幸せな瞬間に「モエ アンペリアル」がある理由

モエ・エ・シャンドンを代表する「モエ アンペリアル」は、1869年、皇帝ナポレオン1世の生誕100周年を記念してリリースされたシャンパンで今年、満150年。

口当たりはしなやかで芳醇、味わいはフレッシュでありながらエレガントという唯一無二のスタイルをずっと貫いてきた。この安定した華やかさが幸福なシーンで愛され続けてきた理由。

月刊誌最新号は「大人な一ヶ月の過ごし方」がテーマ!

ネット購入なら、雑誌購読が一気に身近になる!

最新号の購入はこちらをクリック!

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は9/21(土)から。

【ネットでのお求めは、AmazonもしくはFujisanで!】

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo