季節の変わり目の疲れた体に効く!スタミナ満点のねばねばグルメ5選

「筋子納豆ごはん」

太宰治が愛したねばねばグルメ『りんごの花』

青森県十和田市出身の女将・坂本さんが、東京の人に青森の郷土料理をもっと知ってほしいと元同僚と共同経営できりもりするお店。

食材は肉も野菜も9割以上青森産にこだわり、地元に還元することを目指す。

東京のお客はもちろん、青森出身の人や東京出張に来た地元人が訪れることも多く、すべてのメニューを半量半額で注文できるようにしたのだとか。

お店では、地域ごとに異なる青森の郷土料理を一度に食べられるのがうれしい。 太宰治が愛した「筋子納豆ごはん」の相性は抜群。ぜひとも体験してほしい。

昼は大きな窓から自然光が差し込み、夜は六本木らしい大人なムードが漂う。シーンを問わない使い勝手の良さも『蕎麦前 山都』ならでは

酒のアテにもぴったりの魚ばくだん『蕎麦前 山都』

『蕎麦前 山都』は、代々木上原の地で15年にわたって愛されている『蕎麦屋 山都』の2号店。

本店も、芳醇な香りが特徴の十割蕎麦をメインとしながら、趣向を凝らした多彩な一品料理を擁して数多の酒好きたちをも魅了している。

「魚ばくだん」

『山都』の名物がこのばくだん。豊富な具材のハーモニーを、昔から蕎麦前のつまみの定番である「焼き海苔」でくるんで味わう一品。

鮪、昆布の佃煮、すじこ、海ぶどう、納豆、めかぶ、たくあん…彩り豊かな具材を混ぜれば、奥行きのある旨みと楽しい食感が絶妙のおつまみに。

がっつりかき混ぜてみんなでシェアして食べる、エンターテイメント感も楽しもう。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。



【東カレユーザーの休日事情を緊急アンケート!】
コロナ禍で、生活様式が大きく変化した一年。
食事や趣味などについて、
貴方の休日の過ごし方をお聞かせください!

皆さんからの回答結果はまとめて発表いたします!
以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/OZ71A7QL

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo