U-29女子の婚活サバイバル Vol.5

他の女とのデートをSNS報告する浮気男と別れた後、1年で結婚した27歳女の逆転劇

20代で“本気の婚活”をする女性の実態を、あなたは知っているだろうか?

東カレ読者から「20代女子の婚活事情」を募集したところ、生々しい体験談が続々と集まった。

彼女たちの中には「結婚適齢期が近づいてきたから」といった、安易な理由で婚活をする人などいない。

平均初婚年齢が30歳近い昨今でも、U-29のうちに“特別なひとり”を見つけようと、婚活というサバイバルに果敢に挑んでいる。

焦る気持ちを笑顔の裏に隠し、令和の時代をたくましく生き抜く、婚活女子のリアルな姿を覗いてみよう。

前回は25歳で婚活市場に舞い戻った、ワケアリ婚活女子を紹介した。今週は?


【今週の婚活女子】

名前:ニナ(仮名)
年齢:27歳
職業:専業主婦
婚活歴:2か月(結婚2年目・駐妻)


27歳で結婚2年目、現在は海外で駐妻生活を送っているというニナさん。まさに“婚活界の勝ち組”であるニナさんに、婚活当時のエピソードを語ってもらった。

ニナさん:結婚前に合コンで出会った人に遊ばれていて…その人に振り回されるのがすごく嫌で、24歳の時にマッチングアプリでの婚活を始めました。

その人は、ドタキャン・遅刻は当たり前。しかも私とのデートをキャンセルして他の女の子と遊んでいる様子をSNSにアップしたりしていて…そういえば、デートに財布を持って来ないので、毎回ご飯代は私が出してました。

​東カレ編集部:それはひどい…!その悔しさが、婚活を頑張る原動力になったんですね。

ニナさん:そうですね。家族が全員大卒で兄と父は院卒なので、自然と結婚するなら院卒理系の方だなぁと思っていて。アプリで『院卒・理系・年齢5歳上』と絞って検索すると、某メーカーの男性ばかりがヒットするんです(笑)土地柄だと思うのですが。

実は、合コンで出会って遊ばれていた男性も同じ会社だったのですが…知られてもいいやと開き直ってました。

​東カレ編集部:えっ…?それはヒヤッとしたこともあったんじゃないですか?

ニナさん:同じ部署ではなかったですが、隣の部署だという人とマッチングしました(笑)その人はアプリを使っているということを会社の人に知られたくなかったようで、お互い口止めして、若干気まずくなりフェードアウトしました…。

​東カレ編集部:同じ会社で探すと、自分の好みに近い人が多い分、デメリットもありそうですね…マッチングアプリで出会った、その会社の男性はどうでした?

ニナさん:真面目で寡黙な方が多かったです。自分としてはあまり盛り上がらず、ダメだったかな?と思ったデートでも、あとから『またご飯行きましょう!何日が空いてますか?』という感じで、意外な反応が返ってくることも結構あったので、緊張されてたのかもしれないです。何度かデートしたら楽しい人もいるかもしれません!

おしゃれなカフェとかを提案してくれたりとか、思っていたよりは女性慣れしてないわけではなかったです。引きが良かったのかもしれないですけどね。

【U-29女子の婚活サバイバル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo