女たちのマッドネス Vol.8

「若い女に目移りしたの…?」夫への不信感から、証拠集めを始めてしまった妻の末路

–妻たるもの、夫に愛されなくてはいけない-

そんな強迫観念のごとき価値観が今、巷に蔓延しているという。

SNSには自称・愛され妻の投稿が自慢げに並ぶ。さらには“愛され妻”になる方法をレクチャーする講座まで存在し、悩める妻たちが殺到しているというのだ。

「私も、“愛され妻”になりたい...!」

必死で愛を乞うあまり、狂っていく女たち…。

愛され妻ブログを開設し人気を博したものの、実際の結婚生活は破綻していた麗子。そんな麗子のブログや書籍の読者たちも皆、愛され妻になりたい一心で狂っていく−。

愛され妻ブログの熱狂的な読者・京香は、10歳年下の夫とラブラブな夫婦生活を送っていた。だが、気づけば夫がよそよそしくなり、ついには「もう女として見られない」と言われてしまう。


妻・京香の疑念「もしかして、他に女がいる…?」


タイトル:夫の浮気疑惑が浮上したとき、妻が取るべき行動は?

こんにちは。

厳しい残暑が続きますが、エレガントな愛され妻の皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

さて、先日サロンメンバーのお一人から、このようなご相談を受けました。

—夫が、浮気しているかもしれないん......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
人のせいにしてるけど。自業自得じゃない?

妻が強すぎると夫婦間に溝ができるという指摘も。
もし浮気してたら妻と別れる気がないライトな段階で釘打っておけっていうアドバイスも正しいよね。

いきなり仕事を辞める突拍子のなさと。
疑心暗鬼ぶりと証拠の取り方の雑さが悪いんじゃん。
2019/08/30 05:4199+返信6件
No Name
でも、「女として見られない」と言った事実は消えないからなぁ…
2019/08/30 07:1599+返信1件
No Name
なんでだろう
信じたくないほうを信じてしまうんだよね
2019/08/30 05:3099+返信1件
No Name
マッドネスだわ、まさにwww
2019/08/30 05:3079
No Name
マイナス思考になると、全部悪い方向に考えちゃうんだよね。
でも、そのマイナス思考を呼び起こしたのは夫の「女として見れない」だと思う。。
からこの女性の狂気の沙汰にはやっぱり夫にも責任あるよね。記念日にジュエリー用意して愛はあると思うんだけど、つい何気なく言ったことが人を傷つけるってこと認識しておかないとね。
自分にも言えるけど。。
2019/08/30 08:1840
もっと見る ( 53 件 )

【女たちのマッドネス】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo