金曜美女劇場 Vol.75

「多分、日本で私だけです」奄美の大自然で育った“透明感女優”の意外すぎる趣味に仰天した

東カレ厳選の麗しの美女を紹介する『金曜美女劇場』。

本連載では、東京の夜のシーンに似合う艶やかな大人の女性たちを紹介していく。



これまで数々の個性を持つ美女経ちをご紹介してきた、この「金曜美女劇場」。

だが、未だかつてここまで珍しい趣味を持った女性に登場してもらったことはないかもしれない。

女優、下京慶子。27歳。


以前『港区おじさん~代々木上原女子編~』にも出演してくれた彼女の趣味は、なんと無人航空機・ドローンを飛ばすこと。

撮影現場にも、「マイ・ドローン」を持参してきてくれたが、愛おしそうに機械を見つめる彼女の光景が、なんともシュールである。


「もともと女優をやりながら、制作サイドも挑戦したいと思っていました。数年前に夢が叶い、ある広告の動画撮影現場にアシスタントとして入らせてもらったんです。でも、知識も経験もないので、最初は後片付けをするくらいで…。ただ現場を見ていると、必要な素材を撮影するために、カメラマンさんがドローンを使っていたことに気がついて。それで興味を持ったらハマっちゃって」


「自分でドローンを買って資格も取得したら、意外なほど反響が大きくて…。女優では、日本で私だけでしょうね」

そう言って笑う彼女。今では、なんとドローン技師として仕事を引き受けることもあるそうだ。


「昨年のことなんですけど、お世話になっている監督にドラマの出演オファーをいただいて、第1話目に出演させていただくことになりました。その撮影の際に現場でドローンの話をしたら『このドラマ、実はドローン映像入れたいんだよね』って言われて。そこで急遽、今度は最終回の大事な撮影に映像チームの一人としてドローンオファーいただきました(笑)。ドローン技師として初めて関わったドラマだったので、オンエアを観たら凄く感動しました」

様々な偶然が重なり、「ドローン女優」として仕事を重ねるようになった慶子さん。


女優業に留まらず、制作サイドもこなすバイタリティに脱帽するが、生まれ育った環境もまた、ちょっぴり珍しい。

【金曜美女劇場】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo