女たちのマッドネス Vol.5

「君がいないと生きていけない」医師の夫からプレゼント攻撃を受けている、美人妻の闇

–妻たるもの、夫に愛されなくてはいけない-

そんな強迫観念のごとき価値観が今、巷に蔓延しているという。

#旦那様ありがとう
#優しい夫に感謝

SNSには自称・愛され妻の投稿が自慢げに並ぶ。さらには“愛され妻”になる方法をレクチャーする講座まで存在し、悩める妻たちが殺到しているというのだ。

これまで、愛され妻ブログを開設し人気を博したものの、実際の結婚生活は破綻していた麗子、そして麗子のお茶会に参加した理恵子直美(30)、麗子のブログを書籍化することを使命と信じる書籍編集者・美保の狂気をご紹介した。

今回は、愛され妻養成講座に通うことになった直美の友人、亜希の生活を覗いてみる。


美貌の妻・亜希の独白「夫に愛されるなんて簡単ですよ?」


タイトル:夫に愛されるために、妻が一番忘れてはいけないモノ

毎日暑い日が続いておりますよね。

エレガントな愛され妻の皆様は、お元気かしら?

街を歩くと、猛暑のせいか?だらしのない格好で歩いている女性が多いのに少し辟易しています。

いえ、もちろん悪いことではないのです。でもね…。

賢明な愛され妻の皆様なら、もう私の言わんとすることがお分かりでしょう。

夫から常に崇められ、愛される妻がいついかなる時も忘れないもの。

それが、女心(オンナゴコロ)です。いつでも夫から綺麗だと思ってもらいたいという、可愛げ。

夫から優しくされ、愛されたいと願う妻であるのに、リラックスしたいからと旦那様の前でラフ過ぎるお洋服を着ていませんか?

「お洋服ぐらい、いいじゃない。そんなの関係ないわ!」

そんな風に思われる方こそ、ぜひこの続きをご覧になって。

ーこの続きは、サロンメンバーの皆様のみにご案内いたしますー

***

ー何、このバカみたいなブログ…?

ママ友の直美ちゃんが最近ハマっているというブログのリンクを教えて貰ったはいいものの、そのあまりのくだらなさに、私は1ページで読むのをやめてしまいました。

リラックスしたユニクロの部屋着でくつろいでいても、夫から愛されている私には全く関係のない話です。

というか、私がブログを書いた方が絶対にもっとマシなものが書けるはずですよ。

ね、ユニクロの部屋着でも愛されている私の話、聞きたくありません?

【女たちのマッドネス】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo