最近のデートは焼き鳥が常識!恵比寿・港区で見つけた、お洒落焼き鳥店3選

※こちらの店舗は『鳥さわ 麻布十番』に店名を変更しております。
 詳しくは下記レストラン情報をご確認ください。

カウンターは11席。ビルが掲げる案内板にひっそり店名を記すのみというのも、知る人ぞ知る雰囲気で、通を気取れる


焼き鳥の名店として港区の夜を席巻する、『鳥さわ22』の新業態
@『TORISAWA CA10AL』


亀戸で創業、今や予約の取れない人気店になった『鳥さわ』。

愛顧に応え、常連にもっとゆったりした時間を提供したいと、2号店である紹介制『鳥さわ22』を昨年、西麻布にオープンさせた。

さらにその際、グループ総帥・中澤 章氏は「誰でも予約可の3号店」誕生を明言していた。

それがこの、麻布十番のお店。

オープンは今年5月で、二の橋交差点に近い、十番の奥まった立地がまた大人な雰囲気だ。

「せせり」。首回りの肉を塩とレモンで。ブリンブリンの噛み応え。後からジュワッと旨みが溢れる

「ちょうちん」。「ひも」と「きんかん」を一串に刺した、希少部位だが、レバーも合わせて一串が『鳥さわ』流

黒で統一したカウンターは同じ洒落た雰囲気だが、何より嬉しいのは食べられる焼き鳥、食事、アルコールも『鳥さわ22』とまったく同じという点。

抜群の火入れで食べ手を魅了する、あの美味しさはそのまま、ツテがなくとも通えてしまうのだ。

これは焼き鳥好きにとって最高のニュースだ。

~これも知っておくべし、ワンランク上のポイント~

この茶碗が楽しみ、という人もいる〆の「とりそぼろごはん」。『鳥さわ』〆の定番として不動の人気を誇る。あっさり味だが、ジューシーなそぼろで、お茶碗サイズがちょうど良い。粘度が高く、濃厚な鶏スープも、和む味わい。食後の充足感は圧倒的。

写真の西麻布の系列店『鳥さわ22』は紹介制。今回紹介した3号店は店名通りカジュアルな雰囲気だが、そちらは御影石を使ったモノトーンな風合いで、一層スタイリッシュ。紹介制のため、訪れる難易度は高いが、こちらもデートに最適だ。

3号店で店長を務めるのは、濱田暢之氏。

料理はストップをかけるまで出てくるおまかせスタイルで、一串¥400~。

まだ知る人ぞ知る存在である今のうちに、ぜひ予約しておきたい。


■店舗概要
住所:港区麻布十番3-3-4 サンピア麻布十番 3F
TEL:03-3451-3677
営業時間:【月曜~金曜】17:30~(L.O.23:00)
     【土曜】17:00~(L.O.23:00)
定休日:日曜・祝日
席数:カウンター11席

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo