羽田空港STORY Vol.8

東大卒の医師が抱えていた、意外なコンプレックス。彼が格安航空会社CAに近づいた、本当の理由とは

利用旅客数世界屈指の大空港・羽田。

そこには、行き交う人の数だけ、ドラマがある。

胸を締め付けるほどの期待、心がちぎれるほどの後悔。

想いは交差し、今日もここで「誰かの人生」の風向きが、ほんの少しだけ変わる。

これは、羽田空港を舞台に繰り広げられる、様々な男女のオムニバスストーリー。

これまでに紹介したのはグランドスタッフの山田芽衣パイロット訓練生の神崎賢人不器用な恋の始まりや、超美人CAの相本美琴と、31年彼女なしの整備士、三上透の胸の内

そして大手エアラインCAの妹・紗矢を羨むLCC(ローコストキャリア)CA・仙崎千佳と、東大医師・松坂海里の物語が始まった。

紗矢の結婚式2次会の打ち合わせで喧嘩になる二人。しかも千佳が台湾ステイ中に紗矢と待ち合わせすると、そこには彼の姿もあり―。


―台湾ステイ中、エステなんかにつられてのこのこ合流しなければ、松坂海里に出くわすこともなかったのに…。

後悔しながら、ゴッドハンドと呼ばれるエステティシャンの施術を受けた、のだが。

「千佳ちゃん…!ほっぺの位置が確実に上がってるよ!」

「紗矢も、小顔でつやっつやになってる…!」

個室のベッドで起き上がって、お互い顔を見合わせると、思わずテンションが上がって叫んだ。

渡された手鏡を覗き込みながら、もちもちに仕上がったほっぺをつまんでニヤリと笑う。

この後、東大理Ⅲ戦隊とルーフトップバーで待ち合わせをしている。嫌でも顔を合わせる松坂海里の顔が思い浮かんだ。

―どうせなら第3ラウンドはベストコンディションで臨んでやるわ!

「紗矢、理Ⅲ戦隊との待ち合わせ、まだ時間あるかな?エステ後はすっぴんのつもりだったけど…ヘアメイク、ちゃんとしてもいい?」

紗矢はすべてお見通しのようで、クスクス笑いながらうなずく。

「髪の毛、やってあげるよ千佳ちゃん。ホテルの部屋に私のマノロあるから、履いていく?」

【羽田空港STORY】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo