あの子が嫌い Vol.11

初対面のイケメンから「ダサい」と言われた29歳女。突然やってきた、無礼すぎる冷徹男の正体とは

上京してからというもの、私の人生はパッとしない。

地元では「かわいいリカちゃん」と呼ばれ、散々もてはやされてきたけれど。

私程度の女なら、この街にくさるほど居るー。

地元を飛び出し、憧れの人気女性誌への入社を果たした秋吉りか子(29)は、自分の"無個性"にウンザリする日々を過ごしていた。

そんなある日、中途で採用された一人の女が、りか子の前に現れる。ムッチリとしたスタイルに、やたら身振り手振りの大きな帰国子女。

りか子が虎視眈々と狙っていたポジションを華麗にかっさらっていき、思わず嫌悪感を抱くがー。

まるで正反対の二人の女が育む、奇妙なオトナの友情物語。


人気女性誌「SPERARE(スペラーレ)」で編集長の秘書として働くりか子。恋人に裏切られ、同棲を解消したりか子に手を差し伸べてくれたのは、“小阪アンナ”だった。

気づけば友情を築き始めた二人。そんな矢先、WEB版の編集部で募集が出るという情報をアンナが教えてくれたー。


「リカコって、ほんと…細かい。」

アンナはソファーの上で眉間にシワを寄せ、大げさにため息をつく。

「ほらほら、文句言わないで。手伝ってほしいって言ったのはアンナでしょ!」

アンナの原稿や企画書にびっしりと赤を入れ、書ききれなかったところはポストイットを貼り付けてから......


【あの子が嫌い】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo