オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.42

弱った男の心を鷲掴みにしたLINE。気のある素振りを見せた女が、突然離れていった理由とは

私たちはこれまでに散々、LINEデートのHow toを学んできた。

しかし、やっとの思いでLINEやデートに漕ぎ着けても、失敗の可能性は常につきまとうのだ。

あんなに盛り上がったはずなのに、突然の既読スルーに予期せぬ別れ。 恋人同士になれたかと思ったのに、いつまでたっても一進後退を繰り返す関係性。そんな経験、無いだろうか?

男女の関係を次に繋げる方法を学ぶため、あなたに宿題を出していこう。

さて、今週の宿題は?


麻衣子と僕は、もともと知人を介して知り合った。恋人としてではなく友人として紹介されたはずだったが、気がつけばお互いを意識するようになっていたのだ。

「麻衣子ちゃんは今、何の仕事してるの?」
「私は人材派遣の会社だよ。和也君は?」

同じ年ということもあり、初対面から一気に打ち解けた。フランクに話せるし、麻衣子は女の子っぽい見た目と裏腹にサバサバしているところも魅力的だ。

「僕は外資系の保険会社だよ。とは言え、ほぼ個人事業主みたいなものだけどね」

会社のシステムが少し複雑なのだが、自分の営業次第で稼げる額がかなり変わる。会社員と言えども、個人でやっているようなものだった。

「へぇ〜そうなんだ!面白そうな仕事だね」
「うん、大変だけどね」

そんな会話から始まった僕たちの関係は、出会ってから何となく連絡を取り合っているうちに、自然とデートをする仲となった。

可愛くて、モテそうな麻衣子に相応しいよう、話題の店へ連れて行ったり、デートではリードするようにしていた。会話も盛り上がっていたし、彼女に嫌な思いは何一つさせていないつもりだ。

だが、徐々に麻衣子の気持ちは僕から離れていってしまったのだ。

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo