先週のアクセスランキング!1位は「略奪女を撃退した妻の、大きな誤算。慌てる夫が謝罪の代わりに口にした、予想外の言葉」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“略奪女を撃退した妻の、大きな誤算”に“焦りを募らせた女の悲劇”から“Who?”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
略奪女を撃退した妻の、大きな誤算。慌てる夫が謝罪の代わりに口にした、予想外の言葉

リビングの中央で立ち止まってしまった私を、亮が怪訝な表情で振り返る。しかしその目までもどこか他人行儀に感じ、私は妙な焦りを覚えた。

−何かがおかしい。

留守にしている間に彼が変わった気がする。いや、誰かに変えられた…?

そしてこの嫌な胸騒ぎの真相を、私はまったく予想もしていなかった人物から知らされることになる。

続きはこちら

★第2位
夫の異変は突然に:「夫が、何かおかしい」。誰もが羨む結婚生活で、30歳の美しき妻を襲った非常事態

「そろそろ起きないと間に合わないよ」

AM 7:30。あずさは、夫・雄太の布団を力いっぱい引き剥がす。

30分ほど前、カーテンを開けて暖房を入れておいたはずだが、雄太はベッドの中で背中を丸めて縮こまったままだ。

「ねえ、聞こえてるの?」

続きはこちら

★第3位
彼氏へ“禁断のお願い”をしてしまった32歳。何をしても満たされず、焦りを募らせた女の悲劇

―ずっと欲しかったピアスだったのに、買っても気分が晴れないなんて…。

空元気で「ありがとう」と言葉を絞り出すと、紗枝は中断した仕事に再び取り掛かる。しかし、自分を奮い立たせる“買い物の魔法”が効かない状態では、どれだけモニターとにらめっこをしても仕事に身が入らないのだった。

紗枝の心をここまで憂鬱にさせているのは、2週間前に勃発した慎吾との冷戦が原因だ。慎吾の不機嫌を直すために大量に購入したルームウェアが、思いがけずすれ違いを深めてしまったのだ。

続きはこちら

★第4位
「君が望むなら、金銭的援助してあげる」。夫に支配された妻が、監視下から逃れ30分の間に向かった先

同窓会というのは、多分嘘だ。きっと、自分を心配してなんとか連絡を取ろうとしてくれているのだろう。それに引き換え、この状況でも夫の夕食の片付けを淡々とこなすしかできない自分が、情けなくなってくる。

「そうだ、お父さん、もう退院したよね?調子どう?」

盲腸で手術をした父親は、病院で聞いたスケジュールであれば、もう通院もほぼ終わっているはず。しかし母親は、しばらくの沈黙の後、沈んだ声で切り出した。

「…真美、実はね。」

続きはこちら

★第5位
Who?:「嘘」で成り上がった男の、崩壊の始まり。名前と顔を変えて別人になった男の、悲しい人生

―…誰だ?…どっちの話の…何を知ってる?

返すべき言葉が分からず立ち尽くす。無意識にゴクリと喉を鳴らしてしまった僕の姿がまるで見えているかのように、その声は、フフフ、と笑って…プツリと電話は切れた。

―見覚えのない番号からの電話なんて…出るもんじゃないな。

思わず出たため息に、数度のシャッター音とフラッシュが重なった。

―…誰だ?…どっちの話の…何を知ってる?

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo