東京一望の絶景スイートはあのリッツにあった!大人が知っておきたいホテルトリビア12選

ラグジュアリーホテルを気まま使いこなす――、それこそが大人にとって課題のひとつといえる。

そのためには、〝ただ宿泊する、食事をする〞だけでなく、その一流のおもてなしをきちんと知っておくということが大切だ。

東京のラグジュアリーホテルの凄みが分かる、おもてなしの数々をご紹介しよう。

『マンダリン オリエンタル 東京』のアメニティは全室「ボッテガ・ヴェネタ」。

全室というのが潔い!石鹸のパッケージがイントレチャートを模したデザインだったりして、宿泊者限定のレアアイテムが揃う。

ボディクリームの香りがちょっとセクシーめで、いつもと違う香水をつけるような楽しさも味わえる。

『ザ・ペニンシュラ東京』では、全室にネイルドライヤーが付いている。

ホテル業界でこちらだけが自社開発のネイルドライヤーを客室に設置。

かつてアメリカのホテルで、マニキュアが乾かないうちに部屋を出てしまった女性ゲストがエレベーターで手をパタパタさせていた。その様子を見たスタッフの意見が開発のきっかけだ。

文豪に愛されてきた『東京ステーションホテル』のメモパッドは、原稿用紙デザイン。

川端康成や松本清張など、文豪の定宿だった『東京ステーションホテル』。

松本清張の『点と線』のトリックは、旧209号室(現2033号室)から見えた行き交う列車の風景がヒントという逸話もある。原稿用紙デザインのメモパッドは文豪セット(800円)として購入も可能!

『パレスホテル東京』のロビーの香りは購入することができる。

エアミストやディフューザー、キャンドルなどがあり、自宅をホテルと同じ香りにすることができる。多くのゲストを歓迎するために選び抜かれた香りは、11種類のアロマを独自にブレンドしたもの。家に帰った瞬間に、香りで癒されるようになる。

『フォーシーズンズホテル丸の内 東京』は、実はペット同伴で宿泊できる。

7kg以下であれば、ワンちゃん、猫ちゃんと一緒に泊まれる!3階の客室限定で、スタンダードを含む複数のカテゴリーを用意。ホテルへの電話予約でのみ受けつけている。ペットサークルや器の準備があるのも嬉しい。ひと部屋一匹までで、別途料金9,936円(税サ込)。

『アマン東京』のバーでロックを頼むと、AMANと刻まれた氷で出てくる。

33階『ザ・ラウンジ by アマン』でのサービス。AMANと刻まれた特注のアルミ製バーを丸氷に押しつけると、バーテンダーの手の熱がバーを伝って氷を溶かし、ロゴが出る仕組みだ。

11席のカウンターは眺めも最高。ぜひここでウイスキーやラムをロックで頼んでほしい。

『パーク ハイアット 東京』の『デリカテッセン』は、指定場所までデリバリーができる。

東京23区内であれば、『デリカテッセン』のお惣菜やワインを届けてくれる(希望日の3日前までに注文)。名物のポークリエットやレバーペーストも頼めるのが嬉しく、それらとパン、ワインを頼めば手ぶらでのお花見にも、社内でのちょっとした歓送迎会にも最適だ。

『星のや東京』の全面ガラス張りのバスルームは、なんとワンタッチでスモークをかけられる。

浴室を囲う壁のすべてがガラス製。特に「桜」という客室は、ベッドの隣に浴槽が鎮座しているレイアウトがユニークだ。枠もなく全スケなので、もはや畳の部屋の中でお風呂に入っているよう!恥ずかしい場合はボタンひとつでスモークがかかるのでご安心を。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo