サクッと飲むのも大人は鮨屋で。六本木で朝5時まで営業の鮨屋が頼もしすぎる!

最近の仕事の悩み、見どころのある部下の話。直属の上司への愚痴。家族の話へ発展し、互いの目指す未来の話をする。

そこに華を添える魚料理。どれだけ話に夢中でも、その美味しさに会話が止まる。そんな料理が大人を感じさせる。

気づけば、時計の針は2時を超えていた。「〆は鮨だな。何気に楽しみなんだけど」と井上は言った。

隠れた名物が「光り物がり巻き」¥1,000。あじをメインにがりやきゅうり、しそを巻いてあり、食べごたえがありつつも糖質控えめだから、深夜に食べても罪悪感なし。お供には、名物の「山椒ハイボール」をぜひ

「自家製からすみ」¥2,000は凝縮された旨味と程よい塩味で、お酒のアテとして最高の一品だ


どれだけ話に夢中でも、その美味しさに会話が止まる。そんな料理が大人を感じさせる。

テーブルに届いた鮨を見て、同時にニヤリと笑う。謙虚に「好きなの食べなよ」と言うと、井上は迷わず中トロを手にした。

「最初から大物にいくかね」と笑いつつも、「お前ってそういう性格だよな」と、妙に納得した。

互いの現在地を改めて確かめ、そしてまたそれぞれの居場所に戻っていく。こういう夜があるから、明日もまた頑張れる。

今の時期に味わいたい、旬のタネをおまかせで注文して登場したのがこちら。この日は中とろ、穴子、こはだ、生すじこ、塩水うにで¥2,600。握りは盛り合わせ以外にも、好きなネタを1貫から注文可能。とことんゲスト目線なのがありがたい

― Restaurant data―
『意気な寿し処阿部六本木店』

港区を中心に5軒を展開し、その大半が早朝5時まで営業している『意気な寿し処 阿部』。まっとうな寿司をお好みで気軽につまめる上、酒の進む一品料理も充実していて居酒屋使いもできるという、圧倒的なポテンシャルを持つ。

しかも六本木店は、靴を脱いでくつろげる座敷席が多く「ちょっと寄ってく?」というシチュエーションにぴったり。近隣のオフィスワーカーならば、仕事終わりの“残業メシ”スポットとして覚えておくべき一軒だ。

月刊誌「東京カレンダー3月号」は、「32歳からの東京」がテーマ!

真の大人へとステップアップする岐路は「32歳」だ!

社会人としての自信がつき、次なる大人のステージの岐路に立つ「32歳」。そんな男女が臆せず大人の世界へ駆け上がるために知っておきたい情報をお届け!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で東京の夜の過ごし方をコンプリートしよう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は1/21(月)から。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo