32歳・田中みな実が本音を語ったら、大人の女の葛藤が見えて思わず抱きしめたくなった!

東京駅から目と鼻の先にたたずむ「シャングリ・ラ ホテル 東京」。田中みな実さんが、月刊誌東京カレンダー3月号の撮影で訪れたのも、このホテルだ。

東京のど真ん中というその立地ゆえ、大人たちが“スマート”に贅沢できる魅力が詰まっている。


「待ち合わせはラウンジで」をお決まりに
『THE LOBBY LOUNGE』

都会のラグジュアリーホテルには、独特の特別感がある。エレベーターに乗って、日常から旅立つように向かう先は、地上28階。

そこには都会を見下ろす贅沢な空間の『ザ・ロビーラウンジ』が待っている。そのドラマティックな演出を使わない手は無い。

890個のイチョウの葉のシャンデリアに彩られたカウンターで、仕事帰りにふたり落ち合うのを定番にするのはどうだろう。


季節限定のカクテル「ヴァレンタインブーケ」¥2,200(税・サ別、2/1~2/28)はエルダーフラワーがふわりと香り、おのずとオフモードへと誘ってくれる。


都心のホテルに泊まるという、この上ない贅沢
「PREMIER SUITE」

このホテルに、たった4部屋しかないプレミアスイート(¥260,000~/泊、税・サ別)は広々とした120㎡。大きな窓の外は最高の都心の眺望が広がり、インテリアすら都会的でスタイリッシュだ。

ベッドルームとリビングルームが独立していて、思いのままに寛げる。ここでさりげなく、ルームサービスでシャンパンなどをオーダーし、ディナー前にひとときのブレイクタイムを持つのも、大人の余裕。

さっきまでいたオフィス街を眼下に、都会の絶景を見晴らすバスでゆったりと寛げば、「大人って良い」と改めて思わされる。


いつでも気軽に訪れたいカジュアルバー
『L'Aperitivo Bar』

ここ『ラペリティーヴォ・バー』は28階にあるメインダイニング『ピャチェーレ』の隣に昨年オープンしたばかり。

イタリア伝統のアペリティーボを楽しめるようにと作られた。東京駅の新幹線ホームを見下ろすテーブルに陣取れば旅に出るようなワクワク感をそそる。


おすすめはホテルで人気のメロンジュースとスプマンテを組み合わせたカクテル「メローニ」¥2,300。

「自家製フライドポテト」¥1,100(各税・サ別)などのつまみもメインダイニングのシェフが手掛けていて、隣の厨房からできたてが運ばれてくる。大人がカジュアルに寛げる、使い勝手のいい一軒だ。


期間限定のポップアップストア

ホテル1階のショップ『ザ・ブティック by シャングリ・ラ』では、ヴァレンタインに合わせて「スイートドリームズ・アーティサナル・ベイクファクトリー」が登場(2/1~2/14)。期間限定のクッキーやチョコレートバーは、何気ない手土産にも喜ばれるはず。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

真の大人へとステップアップする岐路は「32歳」だ!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo