ぷりぷりに太った牡蠣の旨味がすごい!絶品牡蠣づくしコースが楽しめる名店4選

寒くなってきて、牡蠣がおいしくなる季節が到来!

この季節の旬の食材をこころゆくまで味わえる名店をご紹介しよう。

カウンター席の前には新鮮な牡蠣がズラリと並び、これから始める牡蠣尽くしへの期待を高めてくれる

広島牡蠣の美味しさを伝えた創業150余年の老舗『銀座かなわ』

牡蠣の日本一の産地・広島で、長年愛され続ける名店が『かき船 かなわ』。その味を銀座でも楽しむことができるのがここ『銀座かなわ』である。

『かなわ』とは、慶応三年(1867)から広島で牡蠣の養殖業を営む老舗中の老舗。昭和21年(1946)には、東京と大阪の百貨店に初めて生牡蠣直売店を出店した。

全国に広島牡蠣の美味しさが広まったのは、『かなわ』あってこそと言える名店なのだ。

そんな名店の東京店がここ『銀座 かなわ』である。この店の牡蠣は、塩分濃度が高く綺麗で澄んだ海域である大黒神島の深江沖で養殖された牡蠣のみを使用。

「かき船」。牡蠣料理の提供を「かき船」からスタートした『かなわ』の歴史からその名が付いた名物料理のひとつである

新鮮さはもちろん,生食用に養殖された牡蠣という安全さも魅力なのだ。

かなわの牡蠣の特徴は、身が締まっていて甘みがあるところ。それを料理長が、それぞれの身の状態を見分けて、生、焼き、蒸しなど最適の調理法で提供してくれるのだ。

「カキしんじょう清汁仕立て」(480円)

この季節にじんわり温まりたいなら、「カキしんじょう清汁仕立て」がいいだろう。

牡蠣の身をすり潰し、白身魚の生身を混ぜて蒸し上げるしんじょうが絶品であり、しんじょうから出る牡蠣の出汁が堪らない。

「カキカレー」(1,080円)

シメも牡蠣で締めくくりたいならば「カキカレー」だ。これが手間暇かかった逸品なのである。

まずは、小麦粉とカレー粉を混ぜてオーブンで焼く。水分が飛んだ粉に、ベーコンと蒸した牡蠣のみじん切り、飴色になるまで炒めた玉ねぎを入れて混ぜ合わせる。

そこに水を加えて、ルー状になるまで練っていき、牡蠣の旨みが凝縮したルーをまず作り上げるのである。

カウンター席の他、奥にはテーブル席も備える

そのルーに牛乳やほうれん草を加えて、クリーミーに仕上げたカレーには、ファンも多い。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo