今夜、目黒で飲んでいかない?帰り道のちょい飲みにぴったりな酒場を発見!

今夜はちょっと飲んで帰りたい夜に最適な街・目黒。今回はそんな目黒にある名店『酒場 シナトラ』を紹介したい。

酒好きの心をがっしり掴む酒場の魅力をお伝えしよう。

目黒駅から徒歩すぐのビル地下1階に位置

超人気店が生んだ新たな目黒の名酒場がココ!

目黒の超人気店『大衆ビストロ ジル』を経営するジリオンが「奇をてらわない長く愛される和の酒場を作りたい」という想いから2017年2月に開業したのが『酒場 シナトラ』。

ビルの地下1階に、まるでそこに何十年も佇んでいたような趣で出迎える同店は、今、目黒で飲むなら覚えておきたい名酒場のひとつなのである。

カウンター席の他、テーブル席も備える

活気溢れる店内に酒のみ心が刺激される!

縄暖簾をくぐり、店内へと足を踏み入れると大衆酒場ならではの活気が満ちた雰囲気が、自然と「今日は飲むぞ」という気分にさせてくれる。

厨房を囲むようにコの字に配されたカウンター席は、じっくりと一人呑みを楽しむ人の姿もあれば、友人と肩を並べてワイワイと呑む人も。

「牛タンのロースト」(1,080円)

旨みたっぷりジューシーな牛タンが絶品

肉料理に定評のある『大衆ビストロ ジル』が手がけた『酒場 シナトラ』だけあって、主菜メニューは肉料理が中心だ。

まず1品目に注文したのは、「牛タンのロースト」。フレンチの調理技術である低温調理を使用し焼き上げる牛タンは、ジューシーかつ柔らか。

噛むほどに旨みがあふれ出し、牛タン本来の味わいを堪能できる一皿である。

「秋田牛の焼きしゃぶ」(1,280円)

和牛の良質な脂の美味しさを堪能できる一皿

『酒場 シナトラ』オープンの際に、美味しい牛肉を探していて辿り付いたという秋田牛。そのA4ランクのみを仕入れて使用するのが、同店のこだわりだ。

なかでも人気は、「秋田牛の焼きしゃぶ」。秋田牛のリブロースをサッと炙って供される一品は、和牛ならではの脂の旨みを存分に堪能できる。

そのまま食べても旨いが、野沢菜を巻いてすだちポン酢を付けて食べるとまた違った美味しさを楽しめる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo