独身オンナが黙ってない Vol.3

これって、ただの見せしめ…?友人の結婚式で“晒し者”にされる、30代・独身女たちの苦悩

ーただ、結婚していないというだけなのに。

30代独身だというだけで、蔑まれ虐げられ、非難される…。その名も、独身ハラスメント。

それとは一切無縁だったはずの莉央(33)は、ある日突然、独身街道に再び投げ出される。彼女を待ち受けるのは、様々な独身ハラスメントだった。

—結婚だけが幸せの形だなんて、誰が決めたの…?

そんな違和感を強く抱く莉央。自分なりの“幸せの形”を見つけるため、奮闘の日々が始まるのであったー。


アパレルブランド「Noemie(ノエミー)」のブランドマネージャーとして働く莉央は、結婚式目前に突然婚約破棄をされてしまう。

仕事で大役を任されることになった矢先、既婚女子・優子から独身ハラスメントと思われる発言をされた莉央。「美人なのにどうして結婚してないんですか?」という悪気ない発言にウンザリしつつも、自分は仕事で必ず結果を出そうと決意する。

しかし、独身女子への風当たりの強さは強くなる一方で…。


「それではここで、新婦によるブーケトスを行います。独身女性の皆様、ぜひ前の方へお越しください!!」

司会の声がマイクを通じて響き渡り、莉央は思わず後ずさりした。

「莉央さん、ブーケトスですって…。どうします…?」

亜樹がうんざりした顔で、莉央をつつく。莉央たち社員一同は、同僚の結婚を祝うため、結婚パーティに参加しているのだ。

「こ、これって任意だよね…?私たちは遠慮しようか…?」

そう言って、人混みの中にそっと紛れようとした瞬間、前にいる新婦とバッチリ目があってしまった。新婦は目を爛々と輝かせ、前方にくるように顎で合図している。

しかし次第に、新婦の顔が曇り始めた。なぜなら、前方にはたった3名ほどの女性が疎らに立っているだけなのだ。

会場全体も段々と気まずい空気に包まれはじめる。ブーケを握りしめて立ち尽くす新婦の目からは、「どうして皆、前に来てくれないの?」という不安が見て取れた。

「…亜樹さん。前、行くわよ」

莉央は拳をぎゅっと握りしめると、覚悟を決めたのだった。

100名近くが集まるパーティだというのに、結局ブーケトスに参加したのは、莉央と亜樹を含めて6名だけ。2人以外は明らかに20代と思われる若い女性である。莉央は身を隠すようにして、一番後ろの隅っこに回った。

—絶対に目立ちたくない…。後ろの方で控えめにしていよう…。

莉央たちブーケトス集団を取り囲む群衆の最前列には、優子の姿があった。優子はワクワクとした表情でスマホのカメラを構えている。

「それでは皆さん、準備はよろしいでしょうか!?せーの!!!」

やけにテンションの高い司会男性の声とともに、ブーケが空中に放り投げられる。

—え!?こっちに飛んでくる!?

【独身オンナが黙ってない】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo