女子力の呪い Vol.8

“35歳の壁”を乗り越え、幸せをつかんだ女。その人生を動かした、驚くべき「ある方法」とは

私たちには呪いがかけられている。

いつでもかわいらしく身ぎれいに、
だって「女の子なんだから」。
人の輪を乱さずに、まわりに気を配るの、
だって「女の子なんだから」
男性を立てて。プライドを傷つけちゃだめ、
だって「女の子なんだから」。

キャリアを手にし、妻や母となっても、影のようにつきまとう呪いの正体とは?

30歳までに結婚。35歳までに妊娠。年齢リミットに追われるように生きてきたみゆき34歳は、夫との「レス問題」に悩んでいた。そんなみゆきを救った運命の出会いとは–


奇跡の瞬間を迎えたみゆき・39歳


「おめでとうございます!元気な男の子ですよ!」

–やっと生まれた…長かった、ここまで

みゆき(39)は安堵のため息を漏らした。

ずっと思い描いていた。傷つき悩み、それでも熱望し続けた奇跡の瞬間。なのに不思議と涙はこぼれなかった。

「ありがとうございます!ありがとうございます!やったなみゆき、大好きだよー!」

夫は興奮して同じ言葉をくり返している。ずっと握られていた手は、汗でぐしょぐしょだ。

「しっかりして、パパさん。お子さんよりも大泣きじゃないですか」

看護師が苦笑しながら、生まれたばかりのわが子をみゆき達の元へ運んでくる。

「ほら、パパにそっくりですね」

「本当ね。伸ちゃんによく似てる」

大きな耳が特にそっくりだ。みゆきの夫の、永田伸一郎(28)に。

「結婚してくれてありがとう、みゆき」

伸一郎は感極まったのかまだ泣き続けている。

11歳年下の夫、永田伸一郎と出会ったのは、前の夫である堂場芳樹と離婚して2年が経った頃だった。

そう、すべては「あのこと」から始まったのだ。

みゆきは思い返していた。

玲子さんという謎の女性から「あのこと」を聞き、踏み出すべきか、やめるべきか悩んだこと。

それをきっかけに、人生が大きく動き始めたことを–

【女子力の呪い】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo