結婚できない女〜Over 35〜 Vol.1

結婚できない女-Over 35-:顔もスタイルも文句なし。36歳でもグッとくる女に、男が萎えた瞬間とは?

健吾:「彼女、モテるのになんで独身なんだろ?」


佳恵とは、昔…まだお互い20代半ばだった頃、何度かデートをしたことがある。

鮮明に覚えているのは、二人で江ノ島に行って…その場の雰囲気で手を繋ぎ、キスまではしたこと。

けれどなんとなくお互いにその先へは行けず、僕も僕で煮え切らないまま、気づけば二人の関係はただの同期に戻っていた。

その後、僕はお食事会で知り合ったCAや、友人の紹介で出会った丸の内OL、あとは地方局のアナウンサーもいたかな…まあ、そういった女たちといくつかの恋を重ねた。

結婚を考えるような相手もいなくはなかったが…正直な気持ちを言ってしまえば、独り身の自由を捨ててもいいと思えるほどの女には巡り会えず、今に至っている。

一方、佳恵は佳恵で、詳しくは知らないが何人か彼氏がいたはずだ。

友人たちから「面食い」と評される僕が惹かれるくらいだから、佳恵が美しい女であることに違いはない。それに実際、彼女はモテる女だったと記憶している。

だから僕としては、かなり意外だった。

36歳の現在でも、佳恵が未婚であるという事実が。


「最近どうなの?…男の方は」

それとなく佳恵と二人きりになった機会に、僕は軽く探りを入れてみた。

佳恵のことだから、未婚ではあったとしても彼氏くらいはいるだろう。いても構いはしない、と思っていた。

ただもし彼氏と順調であるなら誘うタイミングは今じゃないから、そこのところを確認しておきたかったのだ。

しかし佳恵の返答は、僕にとって予想以上に好都合なものだった。

というより、まるで僕に誘ってくれと言わんばかりのものだったのだ。

「…それが、別れたばっかりで。落ち込んでるの、私」

そう言って、佳恵は僕の前で泣き真似をしてみせた。

決してぶりっ子の類ではないし、どちらかというと佳恵はサバサバしたタイプの女だが、意外とこういう可愛いところもあったりして、そのギャップが男にはグッとくる。

「へぇ…そっか」

嬉しさではなく同情をこめるように、努めて低い声で僕は答える。そして「まあ、元気出せよ」などと言って、さりげなく肩を抱いた。

「俺が話聞いてやるよ。今度飲みにでも行こうぜ」


「健吾、こっち〜」

待ち合わせたのは、原宿にある『イートリップ』。

野菜中心のメニュー構成とオーガニックワインが豊富で、佳恵のお気に入りの店らしい。

週末の夜ということもあり、この日の佳恵は一層ラフなスタイルだった。少し肩が出るようなざっくりとしたカーキのニットに、......


【結婚できない女〜Over 35〜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo