マザー・ウォーズ~妻たちの階級闘争~ Vol.4

女のマウンティング祭りで、餌食となった元キャリア妻。女たちの怒りに火をつけた、思わぬ失言とは

あなたが港区界隈に住んでいるならば、きっと目にしたことがあるだろう。

透き通るような肌、絶妙にまとめられた巻き髪。エレガントな紺ワンピースに、華奢なハイヒール。

そんな装いの女たちが、まるで聖母のように微笑んで、幼稚園児の手を引く姿を。

これは特権階級が集う秘められた世界、「港区私立名門幼稚園」を舞台にした、女たちの闘いの物語である。

麻布十番在住の菱木悠理は、作家の夫・邦彦のたっての願いで、仕事を辞め、娘の理子を名門幼稚園に入れることになった。

初回ママランチは会員制の東京アメリカンクラブで催され、役員を引き受けるよう仕向けられた悠理。初仕事の運動会では、衝撃の光景が繰り広げられ、改めて場違いぶりを痛感する。

そして次のイベント、「フェスティバル」がやってくる―。


「それでは…フェスティバルについて説明します」

母親が集合する定期クラス会で、悠理はホワイトボードの前に立ち、連絡事項を読み上げる。

「フェスティバルでは、準備がしやすいようにお住まいが近い方とグループを作っていただいています。そのあと、各グループが何を担当するか決定した......


【マザー・ウォーズ~妻たちの階級闘争~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo