オールドリッチの悲哀 Vol.2

プライドと資産はあっても、現金はない。時代に取り残されつつある、オールドリッチたちの現実

先祖代々受け継がれし名声と財産。

それを守り続けるために、幼い頃から心身に叩き込まれる躾と品位。

名家の系譜を汲む彼らは、新興のビジネスで財を成した富裕層と差別化されてこう呼ばれる。

「オールドリッチ」と。

知られざるオールドリッチ達の心のうちが、今、つまびらかにされる−。

前回は、ニューリッチへの羨望を密かに抱く康介を紹介した。今回は?


【今週のオールドリッチ】
名前:牧瀬由紀
年齢:32歳
職業:専業主婦
住居:白金


息子の修一郎を天現寺の体操教室に送り届けた15時。牧瀬由紀はタイトにまとめた黒髪と上下ネイビーのセットアップという送迎用の装いのまま、ひとり自宅のダイニングテーブルの席についていた。

白金のホテルライクな低層マンションは、夫・和正の両親が6年前に結婚祝いとして与えてくれたものだ。2LDKと間取りはコンパクトだが、リビングは20畳以上あり大きなソファがゆったりと置ける広さを備えている。

由紀は疲れた体を横たえたくなる衝動をぐっと堪え、膝の上に乗せたナイロンの黒いトートバッグを開いた。

バッグの中に詰め込まれているのは、膨大な枚数のプリントや教材だ。季節の野菜や動物のイラストが印刷されたプリントをテーブルに並べ目を通しながら、大きなため息とともに独り言ちる。

「修一郎ったら…スイカは果物じゃなくて野菜の仲間だって、何回言ったら覚えるのかしら」

小学校受験の個人塾からのフィードバック。間違えやすいポイントを確認したら、今夜の勉強の時間にさっそく反映させなくては。

修一郎が0歳の頃にお受験対策を始めてからもう5年。お稽古事の間のわずかな時間に行う課題チェックは、すっかりルーティンとなっていた。

膨大な枚数のプリントを前にすると、全てを投げ出したい気持ちになることもある。しかし、母校である慶應幼稚舎に修一郎を合格させるためと思えば、気を抜くわけにはいかなかった。

【オールドリッチの悲哀】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo