マザー・ウォーズ~妻たちの階級闘争~ Vol.2

入会金350万の会員制クラブに出入りする、特権階級の女たち。平凡妻は知らない「7つのお約束」

あなたが港区界隈に住んでいるならば、きっと目にしたことがあるだろう。

透き通るような肌、絶妙にまとめられた巻き髪。エレガントな紺ワンピースに、華奢なハイヒール。

そんな装いの女たちが、まるで聖母のように微笑んで、幼稚園児の手を引く姿を。

これは特権階級が集う秘められた世界、「港区私立名門幼稚園」を舞台にした、女たちの闘いの物語である。


麻布十番在住の菱木悠理は、作家の夫・邦彦のたっての願いで、仕事を辞め、娘の理子を名門幼稚園に入れることになった。

しかし初日から、異世界に来てしまったことに気が付き、呆然とする。

そして麻布・白金グループのランチ会が、会員制の東京アメリカンクラブで催されることになり、政界名門妻・東郷綾子のエスコートでなんとか中に入る悠理だったが―。


「それでは、皆様、改めましてご入園おめでとうございます。これからよろしくお願いいたします」

元麻布在住の政界プリンス妻、東郷綾子の挨拶に、テラス席に座った8名の母親たちはお辞儀をする。

太陽光がふんだんに入る美しい空間でビュッフェを楽しんだあと、食後のコーヒーが運ばれてきた。

―東京アメリカンクラブ、凄いなあ。麻布の一等地にこの広さ、ラグジュアリーなプールやジム、ライブラリー…。入会金350万円も納得ね。もし私が会員なら毎日来ちゃう。

はじめは綾子に連れられて恐縮しきりだったものの、元来ミーハーなところがある悠理は、次第にテンションが上がってきた。

テラスの向こうには遊具がふんだんにあり、早々に食事を終えた子どもたちが遊ぶのを見守りながらお茶をできるのも嬉しい。

悠理の隣には、たびたびママモデルとして雑誌に登場する神崎葵が座っている。

「私、学生時代からずっと芸能界なので、こんなふうに大勢のお友達とランチした経験が少なくて。遅れてきた青春って感じで嬉しいです。主人もああ見えて外食が好きじゃなくて」

神崎葵は、テーブルを見渡すといかにも嬉しそうに笑った。

―彼女のご主人って、確か…。

悠理の脳裏に、ある有名人の顔が浮かんできた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
わけわかんなすぎて終始圧倒されました(笑)
2018/09/21 05:3399+返信7件
No Name
そんな紺色の服ばっかり嫌だー!
運動会でも紺色って、どんなの着て行けばいいの?
2018/09/21 05:4199+返信14件
No Name
ここまで無縁の世界だと感情移入のしようがなくていっそ気楽に読めちゃう(笑)
2018/09/21 05:4599+返信1件
もっと見る ( 161 件 )

【マザー・ウォーズ~妻たちの階級闘争~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo