西麻布で口説きたい日は絶対に個室!知り合いに会いたくないデートに最適な3店

重厚なカウンターは6席備える

ステーキで3つ星の先をゆく『ミナス』

鶏ならば、皮をクッションにして火を通し、部位によっては骨に伝わる余熱で火を入れる。それも数時間かけて、じっくりと。

パリ『アルページュ』のシェフ、アラン・パッサールは肉焼きの超絶技巧でミシュランの3つ星を獲得した。

『Minas』オーナーシェフ、Kei氏はその弟子として2000年以降、3年間で前菜、魚、製菓など、全セクションを経験。野菜部門ではシェフを務め、肉部門には2年いた。

個室もあり

そんな極上の肉料理が楽しめる『ミナス』は、西麻布の目立たない一角にひっそりと佇み、一見バーのようにも見える。

一歩店内に入ると、カウンター6席、4~6名がけのテーブル席の重厚な雰囲気の中にもアットホームさが感じられる空間だ。

常陸牛のヒレステーキ。肉の味を損なうからと胡椒を使わない。3つ星の師匠譲り、こだわりの作法。料理はコースの一例

肉を焼くのは得意とするところ。だから、メインはステーキと決めた。肉は和牛最高ランクA5の常陸牛の処女牛。しかも部位はヒレ限定だ。

まず、ゲストの来店時間の3時間前に冷蔵庫から出し、常温に戻すところから調理をスタート。1時間後、フライパンに肉を載せ、「肉をやけどさせないように」弱火にかける。

以後、常に火加減を調整しながら焼くこと約3時間半。そして、最後に1分ほど思いっきり強火で表面にチョコレート色になるまで焼き目をつける。

「この焼き方が僕のオリジナルです。日本人はステーキに香ばしさを求めますから」とKei氏。

松阪牛のハンバーグ。ファンが多い第2のメイン肉料理。これに小さな焼きおにぎりとサラダが付く。料理はコースの一例

焼き上がったステーキはビロードのようになめらかな舌触り。切っても肉汁も血も出ない。噛みしめて初めて口中に肉汁が広がる。

この完成度を提供するため、店では完全予約制を掲げている。

西麻布の隠れた空間でいただく極上のステーキはまさに、大人のデートそのもの。ワンランク上のデートを心行くまで楽しもう。

カキのムニエル、トマトベースのパスタ添え。パスタは東北地方の郷土料理、ひっつみに着想を得た。料理はコースの一例

カワハギのカルパッチョやキスのフリットなどを盛り合わせた前菜とマッシュルームのスープ。アミューズからデザートまで6品で構成。料理はコースの一例

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo