先週のアクセスランキング!1位は、「まさか、自分の妻が...」夫が、妻の不貞行為を知った衝撃の一夜

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“夫が、妻の不貞行為を知った衝撃の一夜”に“美しき妻の意外過ぎる一面”から“裕福な経営者妻の僭越と嫉妬”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
東京離婚事情:「まさか、自分の妻が...」夫が、妻の不貞行為を知った衝撃の一夜

男というのは、何故か“自分の妻だけは浮気をしない”と信じている。

太郎も例外ではなく、最初は自分の妻が不貞をしているなんて想像さえしていなかった。

結婚後も何度か帰りが遅いことがあったものの、毎回“女友達と飲んでいる”と言っていた小百合に対し、何の疑いも持っていなかった。

「今から考えると、急に夜出かける頻度が増えていた。多分、そのあたりから始まっていたのかな…」

続きはこちら

★第2位
35歳のヤバい女:「ヒマかよ?」深夜の呼出しに華麗に応じる自称“イイ女”の、残念すぎる市場価値

理恵子は自分の言葉を証明するように、自慢の美脚をゆっくりと組み替えて見せる。

かつて、新太郎が何度も褒めちぎった脚である。

日々のワークアウトのお陰で当時よりもずっと引き締まっているし、艶のある肌質だって全く変わっていない。

「ていうか...俺はさ、親切で忠告してやってんだよ...」

続きはこちら

★第3位
「彼女、ああ見えてすごいんだよね…」男に“底なし沼”と呼ばれた、美しき妻の意外過ぎる一面

だからね。僕が塔子について話せることなんて、あんまりないんですよ。

結婚したって聞いたときは、素直によかったなと思ったけど。亡くなった旦那、総資産何億だったっけ。

ああいう頭がよくて真面目そうな人ほど、分かりやすい色仕掛けにコロっとやられちゃうんだろうね。

大きな声じゃ言えませんけど、あいつ、すごいんですよ…。

続きはこちら

★第4位
ドSな妻が急にご機嫌になったら要注意。結婚5年目の夫も知らぬ、美人妻の秘密

呼ばれて駆け寄る妻の後ろ姿の、その奥。華に笑顔で語りかける男の佇まいに見覚えがある。

瞬時に思い出すことができず、貴裕はさっと身を隠して記憶の糸をたどった。

−そうだ、あの男は…。

ようやく思い至ったある事実に、貴裕の心は荒波のごとくさざめく。

続きはこちら

★第5位
「年収1,000万の商社マンとは、住む世界が違う」。裕福な経営者妻の、僭越と嫉妬

しかし、壮行会当日。

廉は1時間以上も遅れて会場にやってきたと思うと、今度は1時間もしないうちにその場を去ってしまった。

「やっぱ、さすが“相沢サン”だよな。まぁ、セレブ妻生活を存分に満喫してくれよな」

やたらと明るく他人行儀な廉の笑顔は、しばらくの間、私の瞼に残って離れなかった。

結局、壮行会で廉と交わしたのはこの一言だけだ。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo