オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.12

女が一気に冷める、男が無意識に放つドン引きワード。デートの約束が“一旦キャンセル”になったワケ

私たちはこれまでに散々、LINEデートのHow toを学んできた。

しかし、LINEやデートに漕ぎ着けるまでに、まずは“出会い”という最初の関門が待ち受けていることを忘れてはいないだろうか。

初対面であんなに盛り上がったはずなのに、LINEは既読スルー。仮に返事が来たとしても、いつまでたっても前に進まない。そんな経験、無いだろうか?

“出会い”を次のステップに繋げる方法を学ぶため、あなたに宿題を出していこう。

さて、今週の宿題は?


僕が茉里に出会ったのは、経営者仲間の春樹が『KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA 恵比寿店』で開催した食事会だった。

小さな顔に、こぼれ落ちそうなほど大きく、黒目がちな瞳。色白で透き通るような肌はとても綺麗だった。

「茉里ちゃんってどこ出身?東北とか?すごく肌が綺麗だよね」

そう言わずにはいられないほど茉里は美しく、仕事を早めに切り上げてこの会に参加して良かったと一人で微笑む。

「智章さん、惜しい!私は北海道出身なんですよ〜。肌、綺麗なのかなぁ」

ちょっと照れながらも自分の顔を触る茉里に僕の目は釘付けになる。

「うん、すっごく綺麗。美人さんだし、絶対モテるよね?」

まずは、褒める。食事会の初歩的なお約束行為ではあるが、この効果は抜群である。

「そんなことないですよ〜智章さんってすごく褒めてくれる人ですよね?それかすごく優しい人ですか?」

ますます笑顔になる茉里。

茉里の友達・裕美には申し訳ないが、僕は最初から茉里だと決めていた。

「智章さん、お仕事は何をされているんですか?」
「僕は今IT関連の会社を経営しているよ 」
「あら、経営者さんなんですね。すごい!」

掴みはOK。この食事会が中盤に差し掛かる頃には、僕たちはすっかり盛り上がっていた。

しかし途中から、茉里の態度が急変したのだ。

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo