先週のアクセスランキング!1位は、「この日を一生忘れない」。スキャンダルにまみれた人気アナウンサーの、運命の1日

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“パーフェクト・カップル”に“ふぞろいな駐妻たち”から“私、愛されてる?”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
「この日を一生忘れない」。スキャンダルにまみれた人気アナウンサーの、運命の1日

―愛されていれば、浮気なんかされないはずでしょう?

「…もう終わったことよ。私と彼はもう、関係…ない」

私が絞り出した声にも、彼女は引き下がらず。…そして、予想もしなかった提案をした。

続きはこちら

★第2位
誘い文句で勝負は決まる。「今度の土曜、ご飯行こうよ」が女子的にNGな理由が分からぬ男たち

「由香里ちゃんって、すごく良い子でしょ?」

「そんなことないですよ〜。それを言うなら智久さんの方こそ!」

キッチンに二人でいる時は、こんな風にとても盛り上がっていたし、次の約束までこぎつけた。

しかしこのホームパーティーの間に、どうやら僕は何かを“やってしまった”ようだ。

続きはこちら

★第3位
「あなたのご主人…女連れよ」告げられた“夢の駐在妻ライフ”の終焉と、見知らぬ銀行口座の存在

里香子が勤めていた大手ディベロッパーでは、配偶者の転勤理由で退職した社員は、再雇用試験を受けられるという。それに挑戦してみると明るく言っていた。

「ただ夫と一緒に暮らしたい、っていうだけなんだけど。仕事までなくなっちゃった」と笑う里香子を見て、彼女にとっての決断の重みがわかった気がした。

だって里香子は、東京で全てを手にしていたから。

続きはこちら

★第4位
愛しのドS妻:弱った心の隙間に入り込む二番手の女…誘惑に負けてしまった、男の後悔

しばらく、家に帰るつもりもなかった。

着替えなど必要な荷物は華の不在を見計らって取りに行けば良い。

妻にも、少し冷静になってもらわねばならない。

しかしこの数日後、貴裕はこの時の自分がいかに浅はかであったかを深く反省することとなるのだった。

続きはこちら

★第5位
私、愛されてる?:バツイチでも市場価値の下がらないハイスペ夫が、離婚を思い留まる理由

「結婚生活は、夫がいかに我慢するか。僕自身も3年目でまだまだ若輩者ですが、それこそが平和な結婚生活の秘訣であることは間違いありません」

会場は予想通りドッと湧いたが、健介の心には虚しさが残った。

自分が本当は平和な結婚生活の秘訣など全く心得ていないことなどは、痛いほどに知り尽くしているのだから。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo