セカンドの逆襲 Vol.2

セカンドの逆襲:デートはドタキャン、LINEは未読。最高の一夜を過ごした恋人が、変異した理由

ー夢は極上の男との結婚。そのためには、どんな努力も惜しまない。

早川香織、26歳。大手IT企業の一般職。

世間は、そんな女を所詮「結婚ゴールの女」と馬鹿にするだろう。

しかし、先入観なんぞに惑わされず、彼女の“秘めたる力”をじっくりと見届けて欲しい。

一般OL vsハイスペ男との熾烈な戦いが、今、幕を開ける...!

香織が“最高の彼氏”と崇める、南拓斗。しかし、大きな秘密があった。


南拓斗、もうすぐ30歳。父の転勤で高校生からニュージャージーに移住し、大学はそのままニューヨーク州にある有名私立大学へと進んだ。

そこで出会ったのが梓(あずさ)だ。僕より二つ年下の彼女も、高校生の時にアメリカに来たらしく、同じ日本人ということですぐに仲良くなった。

けれど、お互いそれなりに相手がいたので、すぐに付き合ったわけではない。友人関係を続けているうちに、ある時フリーになるタイミングが重なった。

「ねぇ、私たち、付き合ったらうまく行くと思わない?」

そんな彼女の言葉をきっかけに、もともとお互いに惹かれ合っていた僕たちは、自然と付き合うことになった。

大学卒業後、二人とも日本で就職をすることにした。両家族とも日本に帰国していたし、僕もそろそろ日本が恋しくなっていたからだ。

けれど、彼女は入社4年目で、研修を兼ねた新規事業の立ち上げのために、再びアメリカに行くことになった。

「急だけど、再来週に日本帰国が決まったの。希望の部署に配属されることになったの、楽しみ」

もともと自立した関係だった僕たちは、特に変わらず2年ほど前から、遠距離恋愛をしていた。

「やっと帰国するんだね。うん、うん、俺も愛している」

LINE通話を切ると、肌寒さとともにサーっという雨の音が耳に響いた。その途端、ふと我に返る。

「梓、帰国か……。香織は、どうしようか…」

用心深く窓から香織の姿を確認する。何も気がついていないように、幸せそうな笑みを浮かべて食器を洗う姿が目に入り、少しホッとした。

ーまぁ、そのうち…

そうして僕は、何気ない顔をして、暖かい部屋へと戻るのだった。

【セカンドの逆襲】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo