【NEW】イベント全編レポート!文字と写真で楽しむ『港区おじさんファンミーティング』はコチラ!

おじさん達と触れ合うために全国から3,000名を超える応募が殺到し、5月12日(土)・13日(日)の2Daysで開催された伝説のイベント『港区おじさんファンミーティング』。

これまでに準備風景をお届けしましたが、今回イベントの様子を全編に渡ってテキストレポートします(両日の写真を利用しています)。

※これまでの当記事への追記ニュース内容は、記事最後にまとめております。

さらに!
『港区おじさんファンミーティング』の映像作品が70分収録の【完全版】としてついに完成!
東カレアプリ下部の「ストア」メニューより販売中です。是非お楽しみください。

『港区おじさんファンミーティング【完全版】』はコチラ>>

◆会場準備・リハーサル

※準備風景は、『港区おじさんファンミーティング【完全版】』にてお楽しみいただけます。

会場は、港区のシンボル東京タワーのふもとにある都内最大級の広さを持つスタジオを改造して設営された。当日お洒落をしてくる参加者のために、写真のイメージを期待していたが、、

土砂降りである(13日)。ハードなコンディションだ。

当日提供されるお料理のために、MAXガチなキッチンが用意された。

各々の控室。ただのおじさんたち用の控室だ。何をするというのであろうか。

この日一番乗りの富永沙織さん。久々に出禁をくらっていた港区ということで、誰に寄生してやろうか、やる気マンマンである。

つづいて吉川かすみちゃん。後日判明したが、「ドレス着てきて」以外の情報は彼女にほぼ伝わっていなかった。

主旨の理解が足りないまま、続々と会場入りするファミリーたち

ただのおじさんたちのために、無駄に豪華なレッドカーペットが用意された

そのおじさんたちを見に来るファンのために、お鮨を1200貫握ることになったニシツグの大将。店も当然休業だ

キャリア数十年の大将が、一気に腱鞘炎寸前まで追い込まれた。

着々と客席の準備も進んでいく。

檀上に並ばされ、説明を受けるファミリー達。なぜ自分たちがこんなことになっているのか1人も理解できていない様子だ。

思いのほか真剣な会であることに驚き、作戦会議を開く、ビューティーシークレットなんたらの面々。

やはりダークサイドどうしで馬が合う富永沙織さんと池上佳代さん。

合間をぬって峰岸さんに学校の相談をするマリアちゃん。相談する相手を完全に間違ってしまったようだ。

状況を見守る2トップ。そこへ呼び出しがかかる。

マイクチェックに駆り出される2人。進行の類が苦手な船田さんは、すでにキャパオーバーのようだ。

様子を見守るファミリーたち。見切れてもカッコいいのは、日本人で冴木さんだけだ。

開場も徐々に迫り、真面目に聞き入るファミリーたち。しかしリーダーの船田さんは、よく見ると後ろで寝ている。拡大してみよう。

ガン寝だ。リーダーの余裕をまざまざと見せつけてくれた。

聞いてない様子の船田さんに対し、社長から檀上で進行の指導が入る。東京カレンダーも必死だ。

リハーサルから解放され、急にイキイキしはじめる船寺。大人は逆であってほしい。

最後だけ「ここまで来ましたね」「ああ、頑張ろうな」感を演出しはじめる船寺。

この日提供されたお飲み物

ここで、イベントにおいてフリーフローで提供された飲み物を紹介しよう。

①『モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル』

かつてモエ・エ・シャンドンをこよなく愛した皇帝ナポレオン 1 世の生誕 100 周年を記念し、1869 年に誕生。毎年 100 種類以上のワインをブレンドして造られるモエ アンペリアルは、メゾンのスタイルを最も高い完成度で表現し、フルーティーな輝き、魅惑的な味わい、そしてエレガントな熟成が特徴だ。

②『ペローニ ナストロアズーロ』

イタリアにも良く行かれる船田さんも好んで飲むという、No.1プレミアムイタリアンビールである「ペローニ ナストロアズーロ」
感度の高い東京の名店ではすでに導入済のところも多く、東カレユーザーなら知っておくべきビールの一つだ。
すっきりとした味わいは、女性にも大変オススメ。

いよいよ開場間近。全てのセッティングが終えられる。

特に何もしていないが、カラヤンばりに万感の想いに浸る船田さん。

さあ、『港区おじさんファンミーティング』がスタートです!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo