先週のアクセスランキング!1位は、「もっと際どい写真も、撮りました」。過去のプライベート写真流出の危機に、迫られる究極の選択

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“迫られる究極の選択”に“28歳の量産型女子が喜べなかった理由”から““遊びの女”フォルダに振り分けられる出会い方”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
「もっと際どい写真も、撮りました」。過去のプライベート写真流出の危機に、迫られる究極の選択

怜子の事務所の社長室まで、強引に押しかけてきた男性が…香川さんが、社長に挨拶しているのを眺めながら、僕はまだ状況を把握できずにいた。

怜子に付き添い、何かがあったら対処できるようにと待機していた僕に、香川さんからの着信があったのが、30分ほど前。あとでかけ直せばいい、と2度ほどその着信を無視したところで、ショートメールが入った。

『大至急お会いする必要があります。今どちらに?』

続きはこちら

★第2位
「産まない女」と「産めない女」の違い。絶望を知ったエリート美女が、それでも母になりたい理由

「あの...杏子さん、こんなこと言ったら失礼かもしれないんですけど...」

しかし、食事もデザートに差し掛かった頃、奈美は重々しく口を開いた。

「変な意味じゃないんですけど...、杏子さんほど凄い人が、大変な思いをして不妊...治療までするなんて、あの...」

続きはこちら

★第3位
「結婚してほしい」ハイスペ彼氏からの突然のプロポーズに、28歳の量産型女子が喜べなかった理由

―隆二ったら、ポケットのもの全部ここに置くのよね。

浮かれモードのまま片づけるひかりの足元に、ハラリと何かが落ちる。

―!!!

それを見て、心臓がドクンと鳴った。拾い上げたポストイットは小さく折りたたまれていたが、隙間からみえる「まりや」の三文字は、そのメモを開かせるための十分なインパクトがあった。

続きはこちら

★第4位
「駐在妻の特権」は期間限定の劇薬?日本では“中の上”クラスの女が手に入れた、カリスマ駐妻ライフ

「そうねえ…里香子はなんせ、夫は日本の誇る大企業勤務、いまどき家族車と運転手にメイドつき、高級アパートメント暮らしでしょう」

どうやら、”里香子の駐妻番付”について、雪乃なりの見解を述べているようだ。

「…それにちょっと目を引くくらい美人で、まだ28歳、駐在は初めて…。そして極めつけは―」

雪乃はそこまで言うと、“ご愁傷様”とでも言いたげな憐れみの目で、里香子をまじまじと見つめた。

続きはこちら

★第5位
プロ彼女は絶対しない。男に一瞬で“遊びの女”フォルダに振り分けられる出会い方とは

私が“その男”を発見したのは、瀬戸涼のインスタグラムだった。彼と肩を組んで微笑む、冴えない男…。

お世辞にもかっこいいとは言えないし、これといって特徴のない顔で、きっとほとんどの人が瀬戸涼の顔の美しさに目を奪われ、その男のことなど気にも留めないはずだ。

けれど私は見逃さなかった、「bff」という三文字を。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる「神泡体感キット」をもらおう!
アンケートはコチラから!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo