ふぞろいな駐妻たち Vol.3

「駐在妻の特権」は期間限定の劇薬?日本では“中の上”クラスの女が手に入れた、カリスマ駐妻ライフ

駐妻【ちゅうづま】―海外駐在員の妻。

数多の平凡な妻の中で、一際輝くステータス。

それはちょっとした幸運で手に入れた期間限定のシンデレラタイム。

彼女たちがこれまでの人生で何を夢見て、何に泣き、何を喜び、何を成し遂げたのか、ここでは誰も知らない。

共通点はただ一つ、夫について、海外で暮らしていること。

駐妻ワールド。

そこは華麗なる世界か、堅牢なる牢獄か。


夫・彬の赴任に伴い、タイ・バンコクに来た里香子。

彬の会社の婦人会から届いた花束を見て、ロンドン留学中に嫉妬に狂った駐妻から衝撃的な電話がかかってきたことを思い出し、一抹の不安がよぎる。

友人・雪乃と共にタイ語教室に通い始めるも、そこではマダムたちが駐妻マウンティングを繰り広げていた

果たして里香子の行く末は―?


「それで里香子の駐妻番付はどこらへんになったわけ?」

ケイがドライマティーニを飲みながら、笑いをこらえて言った。ロンドン留学時代と変わらないすらりと細い脚は、パンツスタイルを引き立たせている。

ケイは、3年前からバンコクの日本人向け情報誌の編集者として働いている。この半年で立て続けにロンドン時代の旧友がバンコクに来たことを、顔には出さないが相当喜んでいるようだ。

今日も早速、バンコクセレブに大人気のルーフトップバー特等席を予約していた。雪乃と一緒に、里香子歓迎会を兼ねたディナーをセッティングしてくれたのだ。

雪乃は、歌うような調子でケイに答える。

「そうねえ…里香子はなんせ、夫は日本の誇る大企業勤務、いまどき家族車と運転手にメイドつき、高級アパートメント暮らしでしょう」

どうやら、”里香子の駐妻番付”について、雪乃なりの見解を述べているようだ。

「…それにちょっと目を引くくらい美人で、まだ28歳、駐在は初めて…。そして極めつけは―」

雪乃はそこまで言うと、“ご愁傷様”とでも言いたげな憐れみの目で、里香子をまじまじと見つめた。

【ふぞろいな駐妻たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo