東大女子図鑑 Vol.6

東大女子図鑑:バリキャリ外銀女子が突如ゆるふわOLに転向。彼女の価値観を変えた、ある言葉

あなたはご存知だろうか。

日本国内最難関・東京大学に入学を果たした「東大女子」の生き様を。

東京大学の卒業生は毎年約3,000人。

しかしそのうち「東大女子」が占める割合は2割にも満たず、その希少性ゆえ彼女たちの実態はベールに包まれている。

偏差値70オーバーを誇る才女たちは卒業後、どのような人生を歩んでいるのか。

これまでには隠れにゃんにゃんOL向上心の塊のような才色兼備愛人枠に甘んじる文学少女量産型女子を演じる理三卒女医夫に内緒で別宅を構えるバリキャリが登場。

さて、今週は?


<今週の東大女子>

氏名:奥永理恵
年齢:27歳
職業:専門系市場調査会社勤務
学部:工学部
住居:根津のアパートに一人暮らし
ステータス:独身


久しぶりに、雨が降った。

街路に植えられた紫陽花は、雨露と大輪花の重さでずっしりと首をうなだれている。

東京大学本郷キャンパス内のカフェ『廚菓子くろぎ』に現れた奥永理恵は、ぱっと見では学生とも間違えられそうな若々しさ。

あどけなく見えるふっくらした頬と、ほぼすっぴんに近い薄化粧。

しかし口を開けばむしろ、年齢以上の経験をしてきたに違いない落ち着きを感じさせた。

「休みの日は、たまにこうして息抜きに大学構内を散歩しに来るんです。すぐ近くにこれだけの緑があるのって、本当に良いですよね。

前は神楽坂に住んでいたのですが、転職してからは家もこちらに引っ越してきました」

現在、専門系の市場調査会社に勤務しているという理恵。

フレックスタイム制で、平均勤務時間帯は10-18時とワークライフバランスの取れた生活を送っているそうだ。

「以前の勤務先では、朝3時近くまで当たり前のように働いていましたけど...。

それだけやり甲斐もあったしお給料も魅力的でしたが、今の生活スタイルになったら、もうこれ以前の生活は考えられないです」

彼女は昨年まで3年間、新卒入社した大手外資系投資銀行でフロントオフィスに勤めていた。

バリキャリ人生を突き進んでいたはずの彼女。しかし突如生き方を変えたのは、いったい何故だろうか?

【東大女子図鑑】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo