東京カレンダーイチオシ! 「見て楽しい、食べて美味しい」グルメ動画 Vol.65

これが最高の幸せかも…!カリッカリの絶品焼き餃子にビール!

餃子をつまみに、ゴクッと喉を鳴らしながら瓶ビールを飲む瞬間は最高の贅沢。せっかくなら、あの名店の伝説の餃子で楽しんでほしい!

今回は焼き餃子好きの聖地と呼ばれる『餃子の店 おけ以』で、この至福のひと時を堪能しよう!

餃子の名店『おけ以』の旨さは本物だった!
ジュワッと口に広がる旨みと香ばしさが堪らない

創業60年の老舗『餃子の店 おけ以』。創業者が戦時中に中国北部で学んできた味を創業の地、神保町を経て現在の飯田橋にて継承する名店だ。

店名の通り、名物は「餃子」。多い日には1日200食出るほどの絶大な人気ぶりだ。

一度食べたら虜になるこの「餃子」の魅力は、モチモチの自家製皮と、香ばしい焼き目、そして旨みたっぷりジューシーな餡だ。

「餃子」(600円)

まず皮は、強力粉に胡麻油を少し加え、熱湯で練り上げて作られる。こうすることで、モチモチとした食感が生まれるという。

餡の特徴は、ニンニクは使用せず、ニラ、白菜、豚バラの挽肉、生姜を少々、調味料のみで作られるところ。この配合のバランスが絶妙なのだ。

餡は、特注の円形鍋で焼かれる間に、皮の中で旨みをギュギュッと凝縮し、自家製の皮は片栗粉の羽と、香ばしい焼き目を纏って、美味しさを増していく。

餃子の1個目は、なにもつけずに味わって欲しい。「ビール」(大690円、小500円)

出来たてを口に運ぶ瞬間が美味しさのピーク!口の中で旨みが弾け、口福感を感じずにはいられない。

「タンメン」(680円)

また、餃子だけでなく『おけ以』の料理は、何を頼んでも旨い。

優しい味わいの「玉子チャーハン」(740円)や、玉子とニラを分けて炒めるスタイルが特徴的な「ニラタマ」(880円)も、老舗の技が光る美味しさだ。

なかでもおすすめは餃子と並ぶ看板メニューである「タンメン」。豚骨、鶏ガラ、生姜のみで出汁をとり、あっさりと仕上げたスープに、中太麺が良く絡む最高の一杯である。

「タンメン」で使用するスープは、ランチで使用する分は朝、ディナー分は、ランチ後にと、1日2回仕込む。だからこそ、いつ食べても優しい味わいなのだ。

平成元年に現店舗に移転。神保町にあった頃の店の雰囲気を引き継ぎ、グリーンを基調とした内装に

「餃子×ビール」という最高の幸せを感じたい日は、ぜひ『おけ以』を訪れてほしい!

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

【東京カレンダーイチオシ! 「見て楽しい、食べて美味しい」グルメ動画】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo